データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





明暗を分けた明確な差。昨季Aクラス、日本ハムとロッテはなぜ低迷したのか…2017パ総括【小宮山悟の眼】

まもなく1年が終わろうとしている。今年もたくさんのことがあったシーズンだったが、今季の両リーグを総括してみたい。今回はパ・リーグだ。

2017/12/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



厚い選手層で独走態勢築いたソフトバンク

 やはり優勝した福岡ソフトバンクホークスは選手層が厚かった。シリーズを見ていても、ペナントでは何もしていない選手が短期決戦の試合に出て活躍する。レギュラーはもちろん、後ろに控えている選手もいつでも取って代われますよというのを証明していた。改めてソフトバンクの強さを感じたシーズンだった。エースクラスの和田毅や4番を打つ内川聖一が長い期間離脱していたにも関わらず、独走態勢での優勝は見事というしかない。
 
 ソフトバンクの牙城はなかなか崩れない。来年も強いという印象だ。しかし、シーズンの盛り上がりを考えると、今年と同じような流れになってほしくないというのが本音だ。
 
 ソフトバンクに隙がないわけではない。サファテが今年のように働けるかと言ったら、そう簡単ではないと思う。かなり登板過多だ。もし、他球団が試合をひっくり返してものにする試合が10試合くらい出てくるようになれば、また変わってくるだろう。
 
 過去を振り返ると、V9時代の巨人が強いと言われている。他球団が束になって掛かっても、それでも強かった。王貞治さん、長嶋茂雄さんの力も偉大だったけど、それ以外もものすごい選手がそろっていた。
 
 だが、V9の巨人と当時の他5球団との関係と、現在のソフトバンクと他の5球団との関係を比べると、まだ潰せる可能性はある。5球団が束に掛かっていけば、もっとおもしろいペナントレースを展開できるはずだ。来季は混戦を期待している。
 
 
小宮山悟(こみやま・さとる)
 
1965年、千葉県生まれ。早稲田大学を経て、89年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)へ入団。精度の高い制球力を武器に1年目から先発ローテーション入りを果たすと、以降、千葉ロッテのエースとして活躍した。00年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。02年はボビー・バレンタイン監督率いるニューヨーク・メッツでプレーした。04年に古巣・千葉ロッテへ復帰、09年に現役を引退した。現在は、野球解説者、野球評論家、Jリーグの理事も務める。

スポンサードリンク

1 2 3