データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



武田久、15年間闘い続けた重圧。清宮、21番継承に「うちらしい」【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#66】

リリーフエースとして、15年間ファイターズを支えた武田久。来年からは社会人時代の古巣、日本通運で選手兼コーチとして新しい一歩を踏み出す。

2017/12/16

text By

タグ: , , , ,



プロ野球選手の本音

 番組本編が始まって、リスナーから面白い質問メールが来た。さすが『文化放送ライオンズナイター』の局だ。「武田久さんが内心、嫌だなぁと思っていたライオンズの打者は誰ですか?」。即答だった。「浅村(栄斗)ですね。ちゃんと振って来るし、右に大きいのも打てる。けっこう嫌でした」。得意不得意は現役の間は口にしないように気をつけていたそうだ。相手に意識されたくないし、自分でも意識したくない。
 
 久さんは自由で身軽になった感じだった。もうプロでやれないとなって、寂しいなぁとかつまんないとか感じませんか? と尋ねてみたら「いやぁ、ぜんぜん。もしかしたら今にそういう風に思うのかもしれないけど、今は解放感あります。ずっとプレッシャーがあったり故障で苦しんだりしてきたから」とニッコリ笑う。そうか、15年の間こっちは野球を楽しんでたけど、久さんはずっと重圧と闘っていたんだなぁと思った。
 
 清宮くんの「21番」はどうですか? 野手がつけるのに違和感ありませんか? と尋ねたら「うちらしくて面白いと思う。新しい21番をつくってほしい」とこだわりがない様子だ。僕は久さんが今もファイターズを「うち」と自然に呼んだのが嬉しかった。
 
 来年は日本通運の応援に行かなきゃいけないなぁ。久さん、15年のプロ生活おつかれ様でした。夢を見せてくれてありがとうございました。来年からの新しいチャレンジも絶対応援します!

1 2 3



  • 記者募集