データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人戦力外の村田、来季はどこへ?内野手・代打の不足しているチームにうってつけも…

2017/11/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



戦力外通告から約1ヶ月半が経過も…

 今季限りで読売ジャイアンツから戦力外通告を受けた村田修一内野手(36)。今季はケーシー・マギー内野手の加入などもあり、118試合で打率.262(381-100)、14本塁打、58打点という成績に留まり、10月13日には若返りを図るチーム方針により戦力外通告を受けていた。
 
 プロ通算15年で1865安打、360本塁打、1123打点を記録している強打者だが、戦力外通告を受けてから約1ヶ月半が経過しても獲得オファーはなく、新天地は未定となっている。
 
 自由契約になったことにより、人的補償などもかからず、内野手や代打の不足しているチームにはうってつけの戦力となっている村田だが、古巣のDeNAや日本ハム・広島のように、若手を育て上げるという方針が流行している影響でベテラン・村田の獲得を望む球団も少ないようだ。
 
 しかし、長打力不足に悩むチーム、三塁手や一塁手のバックアップに悩むチームなど、村田が戦力となる可能性が高いチームが存在していることも事実だ。また、巨人時代には”外様選手”ながら選手会長を務めるなど人望にも厚く、練習に向かう姿勢なども含め、ベテランとして若手の見本役としての貢献も見込むことができる。以下は、上記のような理由から村田が活躍する余地があると考えられる6球団となる。
 
・中日
 
 今季途中から台頭した福田永将が三塁手として控え、一塁はビシエドが守る中日。その他に内野手では高橋周平、堂上直倫なども控えているが、いずれも村田のようにシーズンを通して結果を残したことはない。頼れる代打も少ないため、控えとなっても存在感を放つことはできるだろう。
 
 また、本塁打王のタイトルを獲得したゲレーロの去就も不透明となっているが、村田を獲得となれば打線の迫力不足もある程度は補うことができるだろう。
 
・ヤクルト
 
 今季は正三塁手の川端慎吾が故障で出場0に終わり、主に藤井亮太が三塁を守っていたヤクルト。正一塁手の畠山和洋も今季は故障で棒に振り、リベロ、大松尚逸、鵜久森淳志、荒木貴裕などが流動的に一塁を守りポジションを固定できなかった。また、今季オフには今浪隆博が現役を引退し、代打の枠も残っている。
 
 両者が復帰となればスタメン出場は難しくなるが、今季のヤクルトは投打に振るわず球団ワーストの96敗を喫して最下位となっただけに、経験豊富なベテラン・村田が来季の起爆剤となる可能性は大いにあるだろう。

スポンサードリンク

1 2