データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





近年は稀となった入団拒否。過去にドラフト1位指名も入団を拒んだ選手たちは?

2017/10/30

text By

タグ: , , , , , ,



1位指名の入団拒否は過去に27例

 毎年10月に開催されるプロ野球のドラフト会議。毎年多くの高校生・大学生・社会人が指名されるが、ドラフト1位の名誉を得ることができるのは12人のみ。現在では、1位指名のほぼ全員が入団を決めているが、過去にはドラフト1位指名ながら入団を拒否したケースがあった。
 
 もっとも、当時はセ・リーグ人気が高く、パ・リーグの球団には入団したくないと考えている選手が多かった。また、ドラフト会議そのもの、スカウト陣の未成熟、球団による待遇の差が大きかったこともあり、ドラフトで指名されても入団拒否をする選手が多数存在していた。
 
 以下は、ドラフト1位指名を受けながら入団を拒否した選手の一覧だ。
 
1965年 サンケイ  河本和昭
1967年 南海    藤原 真 
1967年 近鉄   三輪田勝利 
1970年 ロッテ  樋江井忠臣 
1971年 西鉄    吉田好伸 
1972年 南海    石川勝正 
1973年 巨人    小林秀一 
1973年 阪急    江川 卓 
1974年 阪神    古賀正明 
1974年 クラウン  田村忠義 
1975年 阪神    足立義男 
1975年 阪急    住友一哉 
1976年 南海    武藤一邦 
1976年 ロッテ   森 繁和 
1976年 日本ハム  黒田真二 
1977年 近鉄    金光興二 
1977年 クラウン  江川 卓 
1978年 広島    木田 勇 
1979年 ロッテ  竹本由紀夫 
1980年 日本ハム  高山郁夫 
1980年 阪急    川村一明 
1989年 ダイエー  元木大介 
1990年 ロッテ   小池秀郎 
1995年 近鉄    福留孝介 
1998年 オリックス 新垣 渚 
2000年 オリックス 内海哲也 
2011年 日本ハム  菅野智之 

スポンサードリンク

1 2