データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





清宮に見る夢。開幕4番・清宮、センター清宮、サード清宮…日本ハム・栗山監督の思惑は?

北海道日本ハムファイターズは26日に開かれたプロ野球ドラフト会議で、7球団競合の末に清宮幸太郎内野手(早稲田実業)との交渉権を獲得した。

2017/10/27

text By

タグ: , , , , , ,



企画屋・栗山英樹の規格外采配

 指揮官の表情は笑顔だった。
 
 日本ハムが7球団による競合の末に、早実・清宮幸太郎の交渉権獲得のくじを引き当てた。1位指名の終了後、取材ブースに表れた栗山英樹監督は「感動しました」と喜びを余すところなく表現した。
 
 「(引き当てる)イメージしかしていないので(くじを引いた)木田さんの背中を見ながら、右手を挙げろ挙げろって見ていて、きたーー!みたいな。そんな感じでした。担当を含めて、スカウトのみなさんが、1年間苦労している中で、最近のドラフトでは抽選が上手くいっていなかったので、清宮君を引き当てられたのは良かったと思います。野球の神様が大切な宝物を我々に預ける決断をしてくださった。それは『ちゃんとやれよ』『ちゃんと作れよ』って言っているんだと思っています」
 
 「野球の神様」と表現するところはいかにも栗山監督らしい。
 
 運や縁などは人生につきものだが、それは何かが果たされた時にクローズアップされるというのを栗山監督は熟知している。喜びと同時に大切な「宝物」を預かった指導者としての覚悟も生まれた。
 
 「王さんの本塁打記録を超えたい」と公言している清宮だけに、栗山監督の「世界に通用するバッター」を作るという責任感は大きくなっているはずだ。
 
 喜びと責任感を交互に語る栗山監督の言葉を反芻しながら、ふと彼の心の奥底にある狙いを感じずにはいられなかった。育成プランに話が及ぶと、指揮官は丁寧にこう語った。
 
 「色んなイメージはある。ただそれを喋るには、清宮君に入団してもらってからの話になるので今、ここでは喋ることじゃない。球団の考えもあるし、本人の意向もある。だけど、俺の中では、色々イメージしていることはあるんだよね」
 
 栗山監督はここ数年の指揮の中で、多くの“規格外”采配を行ってきた。
 
 大谷翔平の“リアル二刀流”を実現させたばかりか「1番・投手」での起用や、シーズン中にクローザーの増井浩俊を先発に配置転換したことなどだ。いずれも、シーズンの流れを大きく変える決断だった。
 
 今シーズン前には、近藤健介の2番起用、セカンドへの挑戦なども企てていた。ファームでは、センバツ優勝投手の平沼翔太をショートにコンバート、スラッガー・姫野優也をスイッチヒッターに挑戦させている。球団主導のものもあるが、多岐にわたって「企画屋・栗山英樹」が顔を出すのだ。

スポンサードリンク

1 2