データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれた。広島東洋カープが中日ドラゴンズと競合の末、中村奨成捕手(広陵)との交渉権を獲得するなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトともに球団のコメントを紹介する。

2017/10/27

text By

タグ: , , , , , , , ,



阪神タイガース

1.馬場皐輔
投手・仙台大学、180センチ・90キロ、右投右打:担当スカウト 葛西
 150キロを超える力強いストレートがセールスポイントのパワー
ピッチャー。スライダーとフォークのレベルも高い。細かな制球力を高めれば、一軍での活躍がおおいに期待の持てる、将来性の豊かな投手。
  
2.髙橋遥人
投手・亜細亜大学、180センチ・78キロ、左投左打:担当 吉野
 最速150キロの力強いストレートが投げられる左腕。スライダーやチェンジアップなど、空振りを奪える球種も持ち合せる。プロのレベルに慣れてくれば、先発ローテーションの一角を担うことが期待される選手。
 
3.熊谷敬宥
内野手・立教大学、173センチ・70キロ、右投右打:担当 平塚
 目を見張る脚力と堅実な守備が持ち味の遊撃手。ベースランニングも上手く、盗塁の技術も持ち合わせている。打撃面でのレベルアップを図ることができれば将来的にはチームの中心選手として期待される選手。
 
4.島田海吏
外野手・上武大学、175センチ・72キロ、右投左打:担当 吉野
 脚力があり、広い守備範囲が魅力の俊足外野手。打撃面はシャープなスイングでバットコントロールも秀でたものがある。盗塁もでき、将来的には上位打線でチームを牽引する役割が期待される選手。
 
5.谷川昌希
投手・九州三菱自動車、175センチ・79キロ、右投右打:担当 田中
 140キロ台後半のストレートとカットボールのコンビネーションで打者を打ち取る右腕。連投も苦にしない体力や気持ちの強さも武器のひとつ。将来的にはリリーフ陣の一角として活躍がおおいに期待のできる投手。
 
6.牧丈一郎
投手・啓新高、181センチ・80キロ、右投左打:担当 熊野
 速いストレートとスライダ―、カット、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球を操る。体力面の強化と投球持久力がついてくれば、将来的に成長がおおいに期待できる選手。
 
◇育成
1.石井将希(投手・上武大学、180センチ・82キロ、左投左打)
 

広島東洋カープ

1.中村奨成
捕手・広陵高、181センチ・76キロ、右投右打:担当スカウト 白武
 カープに必要な肩と足がある。打撃も長打力があり広角に打てる。何十年に一人の捕手。
 
2.山口翔
投手・熊本工業高、181センチ・75キロ、右投右打:担当 田村・末永
 腕の振りが柔らかく、ストレートのキレ抜群。将来性もあり、今後の成長がとても楽しみな投手。
 
3.ケムナ・ブラッド誠
投手・日本文理大学、192センチ・91キロ、右投右打:担当 田村・末永
 恵まれた体格から角度があるストレートを投げる。変化球は縦に大きく変化するカーブのキレが抜群。
 
4.永井敦士
外野手・二松學舎大附属高、178センチ・88キロ、右投左打:担当 尾形
 体に力があり、脚力とパンチ力が魅力の選手。
 
5.遠藤淳志
投手・霞ヶ浦高、184センチ・74キロ、右投右打:担当 尾形
 まだ体の線は細いが、肩、ひじの使い方が柔らかくバランスの良い投手。
 
6.平岡敬人
投手・中部学院大学、186センチ・92キロ、右投右打:担当 松本
 身長を生かした角度のある150キロ超のストレートが魅力の投手。
 
◇育成
1.岡林飛翔(投手・菰野高、183センチ・85キロ、右投右打)
2.藤井黎來(投手・大曲工業高、181センチ・86キロ、右投右打)
3.佐々木健(投手・小笠高、189センチ・78キロ、右投右打)

スポンサードリンク

1 2 3