データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれた。広島東洋カープが中日ドラゴンズと競合の末、中村奨成捕手(広陵)との交渉権を獲得するなど、12球団で計114選手が指名された。各球団の指名の決め手は何だったのか。担当スカウトともに球団のコメントを紹介する。

2017/10/27

text By

タグ: , , , , , , , ,



読売ジャイアンツ

1.鍬原拓也
投手・中央大学177センチ・76キロ、右投右打:担当スカウト 柏田
 最速152キロのストレートに切れ味抜群のスライダーとチェンジアップを投げ切れる即戦力候補。先発に転向してからは安定感も増し、落ち着きのあるマウンドさばきも魅力。一年目から期待。
 
2.岸田行倫
捕手・大阪ガス、176センチ・80キロ、右投右打:担当 益田
 高卒3年目の捕手で、動きがシャープで俊敏。まだ経験値が少ないが、高い潜在能力を感じる選手。打撃はミート力があり、広角に打てるタイプ。
 
3.大城卓三
捕手・NTT西日本、187センチ・89キロ、右投左打:担当 渡辺
 長身で体格の良い大型捕手。打撃でのリストの柔らかさや強さを兼ね備え、長打力が一番の魅力。ミート力にも優れ、確率の高い打撃が出来る。社会人屈指の打撃能力で、強打の捕手としてチームの正捕手争いに加われる能力がある。
 
4.北村拓己
内野手・亜細亜大学、181センチ・85キロ、右投右打:担当 木佐貫
 守備のフットワークが良く、サードとショートの両方とも守れる強肩強打の内野手。野球一家に育ち、歩んできたキャリアはエリートそのもの。
 
5.田中俊太
内野手・日立製作所、178センチ・80キロ、右投左打:担当 吉武
 フットワークの良さ、送球の正確性、ひじから先の器用さなど、守備の能力が高くセンスがある内野手。肩も良く安定した送球が魅力。思い切りスイングができ、強い打球が打てる。
 
6.若林晃弘
内野手・JX-ENEOS、180センチ・77キロ、右投両打:担当 井上
 本職は二塁手だがチーム事情により三塁や一塁を守ることが多い。肩が強くスローイングやグラブさばきを見ると遊撃手も出来そうな動きをしている。バッティングは両打ちでともにスイングにくせがなく、しっかり振り切ることができる。内野のどこでも守れて両打ちと他にはないタイプの選手。
 
7.村上海斗
外野手・奈良学園大学、189センチ・95キロ、右投右打:担当 益田
 大型外野手で安定した守備力があり、脚力も高いレベルにある。課題である打撃もパンチ力があってスイングに力強さがあり、可能性を秘めた選手である。
 
8.湯浅大
内野手・健大高崎高、172センチ・70キロ、右投右打:担当 吉武
 小柄だが走攻守を兼ねそろえた選手。守備範囲が広く、足を使った守備力が特長。ベースワークもうまく、積極的な走力が魅力。リーダーシップがあり、チームを盛り上げる存在の選手。
 
◇育成
1.比嘉賢伸(内野手・盛岡大附属高、180センチ・82キロ、右投左打)
2.山上信吾(投手・常磐高、183センチ・75キロ、右投右打)
3.笠井駿(外野手・東北福祉大学、180センチ・80キロ、右投右打)
4.田中優大(投手・羽黒高、183センチ・75キロ、右投右打)
5.広畑塁(捕手・立正大学、177センチ・72キロ、右投左打)
6.小山翔平(捕手・関西大学、170センチ・70キロ、右投右打)
7.折下光輝(投手・新野高、177センチ・86キロ、右投右打)
8.荒井颯太(外野手・関根学園高、190センチ・98キロ、右投右打)
 

横浜DeNAベイスターズ

1.東克樹
投手・立命館大学、170センチ・76キロ、左投左打:担当スカウト 八馬
 抜群の制球力でゲームを作る安定感が持ち味。最速152キロの左腕。侍ジャパン社会人代表でもエースとして優勝に貢献。先発、中継ぎどのポジションでも即戦力として期待される。
 
2.神里和毅
外野手・日本生命、178センチ・81キロ、右投左打:担当 八馬
 俊足、強肩、強打の三拍子ともに高いレベルでバランスの取れた即戦力外野手。一年目からレギュラー争いに加わり、快足をアピールしたい。
 
3.阪口皓亮
投手・北海高、186センチ・77キロ、右投左打:担当 河原
 長身から投げ下ろす角度のあるストレートに加え、緩急をつけたカーブ、キレ味鋭いカットボールが武器。身体能力が高く、将来先発ローテーションを担える逸材。
 
4.齋藤俊介
投手・JX-ENEOS、176センチ・83キロ、右投右打:担当 八馬
 150キロ近いストレートと多彩な変化球をコントロールよく投球できる右の本格派。先発でも中継ぎでもどこでもこなせる。即戦力としての活躍が期待される。
 
5.櫻井周斗
投手・日大三高、178センチ・80キロ、左投左打:担当 欠端
 最速145キロのストレートを軸にスライダーのキレは超高校級。打撃センスもあり、侍ジャパンU-18代表では5番を担った将来有望な選手。
 
6.寺田光輝
投手・石川ミリオンスターズ、175センチ・73キロ、右投右打:担当 進藤
 サイドスローに近い出所から最速145キロのストレートを投げ込む。スライダーやシンカーといったキレの良い変化球も武器。
 
7.宮本秀明
内野手・パナソニック、178センチ・81キロ、右投左打:担当 八馬
 未完成ながら走攻守の三拍子で高い能力を備えた選手。強肩で内野も外野も守れる。守備力と高い走力に期待。実践的な能力と打撃に成長があれば楽しみな選手。
 
8.楠本泰史
内野手・東北福祉大学、180センチ・77キロ、右投左打:担当 武居
 侍ジャパン大学代表の4番打者。巧みなバットコントロールとヘッドスピードの速さは一軍の即戦力。50メートル6秒の走力もあり、走塁への意識も高い。
 
9.山本祐大
捕手・滋賀ユナイテッドBC、180センチ・78キロ、右投右打:担当 小林
 高校時代はセンターを守り、甲子園の出場経験あり。BCリーグ滋賀ユナイテッドに入団してから本格的に捕手として取り組んでいる。肩の強さが売りであるが、捕手としての基本を学び、これからの選手である。
 
◇育成
1.中川虎大(投手・箕島高、181センチ・80キロ、右投左打)

【次ページ】阪神・広島

スポンサードリンク

1 2 3