データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





今季最後、“真の月間MVP”は? 質で圧倒も、西武・菊池を上回ったのは…【データで選出9・10月月間MVP】

今シーズンを締めくくる9・10月度の日本生命月間MVPが発表された。野手は2ヵ月連続2度目の受賞となる山川穂高(西武)と初受賞となる松山竜平(広島)。投手は少々意外にも思えるが初受賞の菊池雄星(西武)と今シーズン3度目の常連・菅野智之(巨人)が選ばれた。これに対し、データに主眼を置いた別角度からの評価で、9、10月に勝利を引き寄せるために、最も効果的な働きを見せていた選手が誰なのかをチェックしていく。

2017/10/24

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



荻野は月間15盗塁。走塁能力を生かす前提としての高い出塁力

 藤田一也(楽天)、松山、松田宣浩(ソフトバンク)は守備で高い貢献を示した。守備での働きを示すUZR(Ultimate Zone Rating)では、同じイニングを守った平均的な同ポジション選手に比べ藤田は5.7点、松山は4.8点、松田は4.1点多く失点を防いだと評価された。藤田は打撃での貢献は乏しかったものの、守備面ではトップの貢献だった。
 
 守備指標UZRは各ポジション内での相対的評価であるため、異なるポジション間を比較する際は、守備位置ごとの補正を行う必要がある。一般的に高い守備力、もしくは独自性のあるスキルを要するポジション(遊撃手や二塁手、捕手など)を守った選手はプラスに補正をかけ、その逆のポジション(一塁手や左翼手など)はマイナスの補正をかけるといった具合だ。
 
 會澤、藤田、ケーシー・マギー(巨人)、上本らは高い守備力を必要とする捕手、二遊間を守ったためそれぞれ守備イニングに応じて高い守備位置補正得点が与えられる。藤田はUZR 5.7に加え、守備位置補正で1.3点を獲得し、守備面で合計7.0点分の貢献があったと評価された。守備力の高い選手が集う競争力の高いポジションでの好値は、より価値が高い。
 
 走塁面では荻野が非常に高い貢献を見せた。9・10月で15盗塁を記録し、失敗はわずか1。高い成功率もあって走塁で合計2.9点の上積みをつくっている。9・10月は出塁率.382と高い値を記録したこともあり、走塁面での強みを生かす機会に恵まれたのだろう。

スポンサードリンク

1 2 3