データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広島、雨天コールドでDeNAに先勝!先制直後に中断、雨強まり再開は不可能と判断

2017/10/18

text By

タグ: , , , , , ,



〇広島3-0DeNA●(18日・マツダスタジアム)
 
 18日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグCSファイナルステージは、広島が5回雨天コールドによって3-0でDeNAを下し、戦績2勝0敗とした。
 
 この試合の先発は、広島・薮田、DeNA・石田。両投手は4回までスコアボードに0を並べ続け互角の戦いを繰り広げたが、5回に試合が動いた。
 
 5回、新井の安打や四球などで一死満塁のチャンスを作ると、田中・菊池が連続で適時打を放ち3点を先制した。
 
 そして、5回裏終了後に雨が強まり試合は中断。30分以上中断したが、雨が止む気配はなく、コールドゲームが宣告。先制点を奪っていた広島の勝利が決まった。
 
 DeNAは、天候にも恵まれず敗戦。5回の3点が非常に痛い失点となってしまった。

スポンサードリンク