データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「外様」でも巨人で愛された男・村田修一、あえて“フリー”の新天地は。ヤクルトが獲得に動く可能性

読売ジャイアンツを自由契約となった村田修一内野手。第1次戦力外通告期間の最終日に衝撃の発表となった。今後の村田自身と、獲得を目指す球団の動きに注目が集まっている。

2017/10/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



付加価値多い村田、獲得目指す球団に注目

 投打に渡るプレー面だけではなく、さまざまな付加価値も加わっているだけに村田の獲得はおススメだ。この村田の存在は来季こそ全員一丸となって「新生スワローズ」を目指していきたいヤクルトにとっても非常に大きなプラス要素となることは間違いない。
 
 筆者は最終的にヤクルトが方向転換で村田獲得レースに今後、本格参戦する可能性がまだ十分に残されていると見ている。いずれにしても村田と彼の獲得を目指す球団の今後の動きを注視したい。
  
 一方の巨人は、これだけチームの若返りを目指す方針を固めていながらも水面下ではアレックス・ゲレーロ内野手(中日)やウラディミール・バレンティン外野手(ヤクルト)らの大砲獲得に心血を注いでいるとの情報を耳にする。
 
 村田を自由契約にしながら岡本和真内野手ら若手陣をロクに育成せず外国陣大砲ばかりをかき集めて重宝する状況となってしまったら、それこそ本末転倒だろう。
 
 村田退団を巡る今オフのストーブリーグは何やら大きな嵐が吹き荒れそうだ。

1 2 3



  • 記者募集