データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武・菊池、志願の完投で見せたエースの貫禄。CS初戦勝利でチームに勢い

埼玉西武ライオンズは14日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(メットライフドーム)で、東北楽天ゴールデンイーグルスに10-0と快勝した。エース菊池雄星の完封勝利でファイナルステージ進出に王手をかけた。

2017/10/14

text By

タグ: , , , , , ,



――雄星でまず一つ。
 
 辻発彦監督のCS前の言葉通り、エースが期待に応えた。
 
 9回121球、5安打9奪三振。今季、最多勝利と最優秀防御率のタイトルを獲得した菊池が、真っ赤に染まるスタンドを味方に楽天打線を封じた。
 
 初のCSのマウンドでも緊張せず、「ワクワクしていた」と振り返り、エースの貫禄を見せた。2回の浅村の先制2ラン、3回の打者一巡の猛攻での5得点と打線の援護もあり、冷静な投球だった。
 
 6回に交代のタイミングがあったが、自ら完投を志願した。「やりきった感のないまま終わるより、9回までいったほうが多少は球数が増えても次への勢いがつくと思った」という。
 
 「一本も打たれたくない、絶対勝つ」。シーズン中と変わらない気持ちで、短期決戦の大事な初戦をモノにした。
  
 エースの力投で勢いづいた西武は、ファイナルステージまであと1勝。第2戦のマウンドを十亀剣に託し、一気にファーストステージ突破を狙う。