データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ロッテ、今季最後のソフトB戦で白星!二木7回3失点7勝目、鈴木決勝弾

2017/09/26

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



〇ロッテ4-3ソフトバンク●(26日・ヤフオクドーム)
 
 ロッテが今季最後となるソフトバンク戦で白星を手にし、連勝を飾った。
 
 この試合の先発はロッテ・二木、ソフトバンク・和田。両者は互角の戦いを繰り広げた。
 
 2回、ロッテは一死から井上が中前打を放ち出塁すると、中村が今季第9号となる2ランを放ち2点を先制。4回には、鈴木の四球・角中の三ゴロで一死2塁のチャンスを作ると、井上が左前に適時打を放ち、3点目を奪った。
 
 しかし、5回に二木がソフトバンク打線に捕まった。5回、二木は先頭のデスパイネに安打を浴び出塁を許すと、松田にバックスクリーン左に飛び込む本塁打を浴び2失点。そして、一死から4月以来の出場となった吉村にソロ本塁打を浴び、同点に追いつかれてしまった。
 
 その後、二木と和田は共に7回3失点という内容で降板となった。救援陣に試合が託されたが、和田の降板直後の8回に試合が動いた。
 
 8回、ソフトバンクは2番手に岩嵜を投入。岩嵜はこの試合が球団新記録となる72試合目の登板となったが、一死からロッテ・鈴木が甘く入った変化球を叩き、右翼スタンドに運んで1点を勝ち越した。
 
 1点のリードを奪ったロッテは8回を大谷、9回を内が無失点に抑え試合を締めた。先発の二木は今季7勝目、内は15セーブ目をマークした。
 
 敗れたソフトバンクは、2番手の岩嵜がまさかの一発を浴びてしまい、打線も振るわなかった。

スポンサードリンク