データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



圧倒的強さでリーグVを飾ったソフトバンク。特に貢献度が高かった5人【編集部フォーカス】

2017/09/19

text By

タグ: , , , , , , , ,



復活を遂げた大砲

 

柳田悠岐
今季成績(9月18日現在)
129試合 打率.311(447-139) 31本塁打 99打点 14盗塁 出塁率.427 OPS1.018
 
 昨季の厳しいマークを乗り越え、復活を果たした柳田。開幕当初は3番として活躍していたが、内川聖一の故障離脱後は4番に座り、その打棒でチームを支え続けた。
 
 リーグ制覇を決めた西武戦で2季ぶりとなる30号を達成し、自身初の100打点にも王手をかけている。打率は西武・秋山に次いで2位、本塁打はデスパイネ・レアードに次ぐ3位、打点もデスパイネに次ぐ2位を記録している。
 
 ソフトバンクは今季12試合を残しているが、今後の調子によっては2004年の松中信彦氏以来となる三冠王の可能性も残っている。また、2年前は惜しくも達成できなかった3割・30本・100打点の達成にも期待がかかっている。

1 2 3 4 5 6