データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





阪神と巨人の一戦は延長12回引き分けに。両軍救援陣の粘投光り得点与えず

2017/09/12

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



阪神5-5巨人(12日・甲子園)
 
 阪神と巨人の一戦は、両軍決め手を欠き延長12回規定により引き分けに終わった。
 
 この試合の先発は阪神が藤浪、巨人が田口でプレイボール。試合は、序盤から両軍打撃陣が両先発を攻略した。
 
 初回、阪神は一死から上本の安打・糸井の二塁打でチャンスを作ると、福留の2点適時打で2点を先制。そして、2回には二死から藤浪の四球・俊介の安打でチャンスを作ると、上本・糸井・福留の3者連続適時打で3点を奪った。
 
 しかし、藤浪は3回に長野にソロ本塁打を浴び1点を失うと、4回には坂本に死球・村田に四球を与えピンチを招き、亀井・長野の適時打で3点を失いここでKOとなった。
 
 しかし、後続を石崎・高橋・マテオ・桑原とつないで8回まで無失点でつなぎ、あとは9回を抑えるだけとなっていたが、ここでドリスが誤算となった。
 
 9回、ドリスは先頭の亀井に内野安打を浴び、暴投で2塁に進めさせると長野にも四球を与え無死1・2塁のピンチを招く。そして、代打・橋本が左翼手・福留の前に落ちるポテンヒットを放ち、福留の三塁への送球が逸れる間に亀井は本塁生還。試合を振り出しに戻した。
 
 しかし、ドリスは後続の宇佐見・陽を連続三振に仕留めると、最後は寺内を三塁ファウルライナーに打ち取り追加点は許さなかった。
 
 その後、両軍得点は入らず試合は延長戦に。両軍得点のチャンスこそ作るものの、あと1本が出ず試合は延長12回までもつれ込んだが、得点は入らず5-5で引き分けに終わった。 阪神・巨人共に救援陣の粘投が光る試合となった。

スポンサードリンク