データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広島・安部が9回1点差からサヨナラ2ラン放ち4連勝!阪神・ドリスは来日2年目で初被弾

2017/09/05

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇広島8×-7阪神●(マツダスタジアム)
 
 広島が劇的なサヨナラ勝利で4連勝を飾った。また、敗戦投手となった阪神守護神・ドリスはこの本塁打が来日2年目で初の被弾となった。
 
 阪神・藤浪、広島・野村の先発でプレーボール。試合は、序盤から両軍打撃陣が小刻みに得点を重ねた。
 
 初回、広島は田中の四球・菊池の犠打で一死2塁のチャンスを作ると、二死から松山が本塁打を放ち、2点を先制した。
 
 しかし、野村は2回に大山・中谷・鳥谷の3連打で無死満塁のピンチを招くと、北條の併殺・坂本の適時打でこの回2点を失い、同点に追いつかれてしまう。そして、3回には西岡の二塁打・福留の一ゴロで一死3塁のピンチを作ると、大山に適時打を浴びて1点の勝ち越しを許してしまった。
 
 1点を追いかける広島だったが、3回に打線が奮起。3回、先頭の田中が意表を突くセーフティバントで出塁すると、菊池が四球・丸が死球で出塁し無死満塁のチャンスを作ると、松山の遊ゴロ・安部の適時打で3点を奪い、逆転に成功し2点のリードを奪った。
 
 しかし、5回に野村は北條の適時打で4点目を失い、この回で降板となった。5回を95球で9安打・2奪三振・3四球・4失点と精彩を欠く内容だった。
 
 その後、6回には2番手・ジャクソンが登板したが、先頭の代打・上本にソロ本塁打を浴び、同点に追いつかれてしまい野村の10勝目の権利も消滅した。
 
 同点に追いつかれた広島だったが、7回に二死から松山が安打で出塁すると、代走・野間が盗塁を決めチャンスを作る。そして、続く安部が適時打を放ち、1点を勝ち越した。
 
 そして、広島は1点リードの9回に中崎を登板させた。しかし、中崎は先頭の糸井に安打を浴び出塁を許すと、福留にまさかの逆転2ランを浴び、逆に1点のリードを与えてしまった。
 
 しかし、広島ナインは劣勢でも決して諦めない。阪神はセ・リーグ最多の34セーブをマークしている守護神・ドリスをマウンドに送るも、これを攻略した。
 
 9回、広島は一死から野間が遊撃への内野安打を放ち出塁。一発が出ればサヨナラという場面を演出すると、7回に勝ち越し打を放っていた安部が、今度は右中間スタンドにサヨナラ弾を放ち試合を決めた。
 
 阪神は打線が粘りを見せ続けたが、最後は守護神・ドリスが来日後初被弾と力尽き、接戦をモノにすることができなかった。

スポンサードリンク