データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





DeNAが連敗ストップで3位死守!ルーキー・濱口が2塁を踏ませず8回無失点で9勝目

2017/09/03

text By

タグ: , , , , , , ,



〇DeNA1-0巨人●(3日・横浜スタジアム)
 
 投手戦を制したDeNAが連敗を3で止め、3位を死守し4位・巨人とのゲーム差を1.5に広げた。
 
 DeNA先発・濱口、巨人先発・マイコラスで始まった試合は、息の詰まる投手戦の様相を呈した。
 
 初回、濱口は一死からマギーに四球を与えたが、後続の坂本を右飛・阿部を二ゴロに打ち取る上々の立ち上がりを見せる。一方のマイコラスは、一死から柴田に二塁打を浴び、筒香の三ゴロで二死3塁のピンチを招いたが、ロペスを一飛に打ち取りこちらも無失点で初回を切り抜けた。
 
 その後、濱口は6回まで無安打投球と安定感抜群の投球を披露。しかし、マイコラスも3回一死から11者連続でアウトを奪い7回に梶谷に安打を浴びるまで出塁を許さなかった。
 
 マイコラスは7回を105球・4安打・11奪三振・無四球・無失点の快投を見せ、濱口より先にマウンドを降りた。
 
 そして、マイコラス降板後の8回に試合が動いた。DeNAは8回も濱口が続投。先頭の長野には四球を与えたが、亀井を犠打失敗・小林を二ゴロ併殺打に打ち取り3人で3死を奪った。
 
 そして、遂に打線が濱口の好投に応える。8回裏一死、巨人2番手・マシソンから倉本が右前打で出塁。後続の桑原も右前打を放いて続くと、右翼手・橋本が打球の処理を誤り、その間に倉本は3塁に進塁し一死1・3塁のチャンスを作る。そして、このチャンスで柴田が中犠飛を放ち、DeNAは待望の1点を奪った。
 
 先発の濱口は序盤から快調に飛ばし、8回まで巨人打線に2塁すら踏ませず8回を107球で2安打・3奪三振・3四球・無失点と快投を見せた。
 
 その後、1点のリードを奪った9回には守護神・山崎康が登板。山崎は橋本の内野安打・陽の犠打で一死2塁のピンチを招くと、マギーにも三塁への内野安打を浴び一死1・3塁のピンチを招く。その後、坂本の打席で代走・重信が盗塁を決めピンチは2・3塁に広がったが、坂本を右飛・阿部を遊ゴロに打ち取り試合を締めた。
 
 先発の濱口は9勝目、1点のリードを守り切った山崎は22セーブ目をマークした。
 
 敗れた巨人は度重なる犠打失敗など拙攻が目立ち、快投を見せたマイコラスを援護することはできなかった。また、2番手・マシソンは味方守備の乱れもあり痛恨の決勝点を献上してしまい連勝は4で止まった。

スポンサードリンク