データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





大谷、4回途中4失点でKO…ソフトBの伏兵・福田に痛恨の3ラン浴びる

2017/08/31

text By

タグ: , , , , ,



 31日、北海道日本ファイターズの大谷翔平選手(23)は本拠地・札幌ドームで行われている福岡ソフトバンクホークス戦に先発登板。
 
 大谷は序盤から快調に飛ばし、3回までは無安打2四球に抑える快投を見せていたが、4回にソフトバンク打線に捕まってしまった。
 
 4回、大谷は先頭の今宮にストレートの四球を与え、続く中村晃に犠打を許し一死2塁のピンチを招く。そして、4番・柳田に真ん中付近へ入った160キロの速球を中前に弾き返され1点を失う。
 
 その後もデスパイネに左前打を浴びて再び一死1・2塁のピンチを招くと、今季2本塁打の福田に右翼スタンドへ運ばれてしまい、この回4失点。大谷はここで降板となり、2番手・白村に交代となった。
 
 3回1/3を64球で3安打(1本塁打)・4奪三振・3四球・4失点という内容で、多数のメジャー関係者が視察に訪れている前で結果を残すことはできなかった。

スポンサードリンク