データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





好調打線のロッテ、来季見据え浮上を。オリックスは山田、山本ら若手に期待【8月29~31日パ展望】

最下位に沈む千葉ロッテマリーンズは、4位のオリックス・バファローズとの3連戦だ。ロッテの打線は好調で、少しでも順位を上げて来季への光を見出したい。オリックスは上位2チームとの分も悪く、ロッテとの戦績も芳しくないため、何とかしたいところだ。

2017/08/29

text By

タグ: , , , , , , ,



初戦はロッテ・唐川VSオリ・山田

6位 ロッテ ― 4位 オリックス ZOZOマリン 11勝8敗
 
 ロッテの初戦先発には唐川侑己が復帰する。今季のオリックス戦は2勝を挙げているだけに、ポジティブに望みたい。今季は投げているボール自体は悪くない。紙一重の差だけに、来季に向けてきっかけを手にしたい。2戦目は調子を上げてきたスタンリッジ、3戦目は関谷亮太か。
 
 打線はここへきて少しずつ固定できるようになってきた。1番・荻野貴司が調子を上げて来て、昨季首位打者の角中勝也が絶好調だ。3年目の中村奨吾はイキイキとして、鈴木大地も復調、意外性のある加藤翔平もいる。ペーニャら4番候補が返す形になれば、そう苦戦することはない。
 
 オリックスは前週を勝ち越し、その勢いを持続したい。西勇輝の故障離脱で先発陣のコマ不足が深刻だが若い力に期待だ。
 
 初戦の先発は山田修義が上がる。今季は谷間の先発ばかりだが、こういうチャンスを生かしていかないといけない。今季はまだ未勝利。同じ左腕の松葉貴大、山崎福也が結果を残していないだけに奮起したい。
 
 2戦目はおそらく金子千尋、3戦目はルーキー山本由伸が2度目の登板になりそうだ。
 
 打線は、27日の西武戦で壮絶な打撃戦を制したのを自信につなげたい。外国人や吉田正尚ら主軸の一発頼みのところはあるが、大城滉二、小島脩平らの状態も良く、西野真弘、駿太らも途中出場から上手く絡んでいきたい。困った時には頼りになる長距離打者がたくさんいるだけに、リードオフマン次第だ。

スポンサードリンク