データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



首位猛追のソフトバンク、敵地で日ハムと対決! 二刀流・大谷の起用法は?【パ展望第22節】

プロ野球は第22節に入る。パ・リーグは首位・東北楽天イーグルスと猛追を続ける福岡ソフトバンクホークスとのし烈な順位争いから目が離せない。

2017/07/07

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



ルーキー山岡とエース涌井が再戦

4位 オリックス - 6位 ロッテ ほっと神戸、京セラD 5勝6敗
  
 3連勝のあと2連敗のオリックスがホームに戻り、最下位・ロッテを迎える。今季、オリックスはロッテに5勝6敗と負け越している。上位進出のためには苦手意識を作ってはいけない。
 
 オリックスの初戦先発は山岡泰輔が上がる。前回登板の西武戦では8回を無失点に抑える圧巻のピッチング。縦のスライダーを駆使した快投劇だった。調子は上々といえるだろう。
 
 2戦目は松葉貴大、3戦目はディクソンか。松葉は今季のロッテ戦2敗と苦しんでいるが、防御率は2点台と内容が悪いわけではない。しっかりゲームメイクして、勝利を引き寄せてほしい。
 
 打線は4日の試合で完封負けを喫したが、それを除けば好調のといえるだろう。小谷野栄一、ロメロ、マレーロ、中島宏之と中軸が元気なのが大きい。チャンスをどう作るかが課題だ。1番に入ることが多い小島脩平、大城滉二、駿太らに期待がかかる。
 
 ロッテの初戦先発は涌井秀章だ。3勝6敗と苦しいピッチングが続くが、前回のオリックス戦では7回2失点で勝利投手に輝いている。山岡とは6月23日以来の2度目の対決となる。前回の白星に続くか。
 
 2戦目予定の唐川侑己は前回のオリックス戦で7回1失点の好投。復調の兆しをつかんだ。3戦目予定の石川歩は前回登板の日ハム戦は好投を続けるも、危険球で退場。もったいないゲームだった。調子は上向いているだけに、しっかり勝ちを付けたい。
 
 打線はサントス、加藤翔平の1、2番コンビがチャンスメークできている。角中勝也、パラデス、鈴木大地ら主軸と上手く絡んでくれば得点が期待できる。今節も課題は6番以降の打者になる。大嶺翔太、三木亮、中村奨吾らは積極的な打席を多く作りたい。

1 2 3