データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





早くも楽天VSソフトバンクの天王山! 日ハム・大谷はファームで先発か【パ展望第20節】

プロ野球は30日から第20節に入る。パ・リーグは、首位・東北楽天ゴールデンイーグルスと、ゲーム差0.5に迫る2位・福岡ソフトバンクホークスの直接対決となる。ここまでは楽天優勢だが、本拠地で首位を死守できるか。それとも交流戦から波に乗るソフトバンクが追い上げるか。

2017/06/30

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



楽天対SBの直接対決、順位に変動は?

1位・楽天―2位・ソフトバンク Koboパーク宮城 5勝3敗
 
 首位・楽天が本拠地に2位ソフトバンクを迎える。まだ気は早いが天王山の3連戦となる。楽天が5勝3敗で勝ち越しているが、ソフトバンクはこれまでの劣勢を跳ね返したい。
 
 楽天の初戦先発は安樂智大がマウンドに上がる。これまでも梨田監督はカード頭にエース級を当ててこなかったが、ここでも思い切った策できた。安樂は1軍に昇格して3戦目、ここから本当の力が発揮される。当面、今季のライバルと目されるソフトバンクが相手だけに本人も気合が入っているはずだ。今季初勝利をあげたい。
 
 2戦目は美馬学、3戦目は岸孝之と盤石の態勢で臨む。防御率1位の美馬は安定感が光る。岸は西武時代からソフトバンクに立ちはだかって来た。心強い2人だ。
 
 打線は茂木栄五郎の代役で1番に島内宏明が入っている。28日のオリックス戦では貴重な2点本塁打を放った。2番のペゲーロが好調で、銀次、岡島豪郎の状態もいい。粘り強さが出てきており、劣勢になっても簡単にはやられない打線になっている。ソフトバンクの投手陣を最後には打ち崩したい。
 
 ソフトバンクは強力な投手陣で首位奪取を狙う。初戦の先発が前回登板の西武戦で完封勝利を挙げた東浜巨。2戦目がおそらく千賀滉大で、3戦目がバンデンハークになるだろう。先陣を切る東浜はシンカーのキレとカーブの使い分けが上手い。ストレートも低めにうまくコントロールされている。左重視の楽天打線に対して、どう球種を散らしていくかが鍵になる。
 
 千賀はけがからの復帰となる。万全を期しての登板だけに、首脳陣の期待も高いはずだ。バンデンハークは前回登板で5失点を喫した。相手の足を気にし過ぎたが、楽天はそうかき回してくるチームではないため心配はなさそうだ。
 
 打線は前節から内川聖一とデスパイネが復帰。勝負強い2人はここ一番で必ず仕事をしてくれる。柳田悠岐と松田宣浩の調子もよく、髙田知季、川島慶三、今宮健太らが上手くつなぐ。ユーティリティな活躍ができる川﨑宗則がベンチに控えているのも大きい。接戦が予測されるこの3連戦では貴重な戦力となるはずだ。

スポンサードリンク

1 2 3