データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広島かSBか…最終節は歴史的激闘へ。最強外国人投手対決に”因縁の初対戦”も【交流戦第6節展望】

5月30日に開幕した交流戦も最終節を迎える。ここまでパ・リーグ49勝、セ・リーグ40勝、1分となっている。今季もパ・リーグ優勢だが、セ・リーグは最終カードで巻き返しなるか。

2017/06/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



広島対ソフトバンク、交流戦上位2チームが激突

 今カードは以下のとおり。
 
ヤクルト-日本ハム(神宮)
DeNA-オリックス(横浜)
中日-西武(ナゴヤドーム)
阪神-楽天(甲子園)
広島-ソフトバンク(マツダスタジアム)
巨人-ロッテ(東京ドーム)
 
 広島対ソフトバンクは、交流戦勝率1、2位の直接対決だ。初戦は、広島がジョンソン、ソフトバンクがバンデンハークの外国人投手の投げ合いとなる。昨季の沢村賞投手のジョンソンとWBCオランダ代表のバンデンハークの投げ合いは、ここ数年でも最高クラスの外国人投手対決かもしれない。
 
 日本人投手同士の対決で、歴史に語り継がれる投げ合いは想像しやすい。ややもすると、この2人にもそんなゲームを期待したくなる。
 
 広島の2戦目先発・野村祐輔にとって楽しみな対決がソフトバンクの主軸を打つ中村晃だ。同学年の2人は高校3年春のセンバツで対戦経験がある。準々決勝で対戦し、4番の中村が初回にホームランを放つなど、野村のいた広陵を破っている。
 
 中村は高卒でプロへ、野村は大学を経由して今の位置を築いたが、プロでは初めての対戦となる。野村は昨季、最多勝になり、セ・リーグを代表する投手へと成長しつつある。中村との対決をどう迎えるのか楽しみな一戦だ。
 
 中日―西武の対戦は初戦先発が中日・小笠原慎之介、西武・菊池雄星によるサウスポー同士と発表されている。ともに、高校時代は甲子園を沸かせたスター選手だっただけに、世代を超えた投げ合いは注目を浴びるはず。2年目の小笠原にとって貴重な経験にもなるだろう。
 
 中日のショートストップ・京田陽太は、西武・源田壮亮とのルーキー競演になる。長く、遊撃手探しに奔走した両チームに落ち着きを与えた2人が、走攻守において、どのようなパフォーマンスを見せるか。
 
 辻監督は昨季まで中日のコーチとしてチームを支えてきた。長年のコーチ歴はいまの指揮官にとって貴重な経験であったはずだ。古巣との対決で、西武ナインとしては辻監督に花をもたせたいところだ。

スポンサードリンク

1 2 3