データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【10日の交流戦結果その1】西武・秋山躍動、楽天・ペゲーロ決勝打、阪神・糸原先制打

2017/06/10

text By

タグ: , , ,



○西武 6-2 DeNA●
 西武は初回に秋山の12号2ランが飛び出し先制。さらに2回には四球と失策などで追加点を加えると、秋山が適時打を放ち、この回に3点を入れ突き放す。DeNAは3回表に梶谷、ロペスの連続適時打で2点を返すが、その後は走者を出しても点に結びつかず。西武は8回に外崎にソロ本塁打が飛び出し、6-2でDeNAを破り、貯金を再び10とした。
 
○楽天 2-1 広島●
 両チーム0点で迎えた4回表に広島の鈴木が左中間フェンス直撃の適時三塁打を放ち、広島が1点を先制。楽天は5回裏にアマダーの一発で同点に追いつく。その後は野村、美馬の両先発が好投するが、野村が8回裏にペゲーロに勝ち越し打を浴び先にマウンドを降りる。楽天は美馬が8回1失点、9回には松井が抑え、両リーグ首位対決を制した。
 
○阪神 5-1 ソフトバンク●
 阪神は2回にソフトバンク先発の松本裕をとらえる。ルーキーの糸原が2点適時二塁打、上本が三塁線を破る2点適時打で4点を先制する。阪神は先発の青柳が5回に川崎に適時打を浴びるが、5回1失点と好投。ソフトバンクは4回に柳田のレーザービームで追加点を阻止し、流れを呼び込もうとするが、打線が阪神のリリーフ陣を打てずに三振の山を築く。阪神は8回にも暴投で追加点を加え、5-1で勝利した。