データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【8日のセ・パ交流戦結果その1】楽天・則本8勝目、阪神・メッセ7勝目、西武今季最多13得点で快勝

2017/06/08

text By

タグ: , , , , , , ,



〇西武13-2巨人●(メットライフドーム)
 
 西武が今季最多得点で巨人を降し6連勝を飾った。
 
 初回、西武は二死から秋山・浅村・栗山の3連打で1点を先制。そして、3回には一死満塁のチャンスを作ると、栗山・メヒアの適時打、外崎の満塁本塁打で一挙6得点。巨人先発のルーキー・池田をKOした。
 
 その後も西武は攻める手を緩めず、4回に源田のプロ初本塁打で2点、5回に金子の今季初本塁打で3点をと2番手・江柄子からも5点を奪う。そして、3番手・桜井からはメヒアの犠飛で1点を加え13点目を奪った。
 
 先発・十亀は6回2失点と試合を作ると、その後はガルセス・南川と繋ぎ巨人打線の反撃を許さなかった。十亀は打線の援護に恵まれ、今季3勝目を手にした。
 
 敗れた巨人は投打に振るわず、球団ワースト記録を更新する13連敗となった。
 
〇楽天8-2DeNA●(Koboパーク宮城)
 
 投打のかみ合った楽天が連敗を3で止めた。
 
 初回、楽天は茂木の先頭打者本塁打で幸先よく1点を先制。3回にはペゲーロの2試合連続本塁打で1点、4回には藤田の適時打、茂木のこの試合2本目となる本塁打で3点を追加。5回にも島内・聖澤の適時打で3点を奪い、DeNA・三嶋から8点を奪った。
 
 投げては、先発・則本が9回を117球で7安打、12奪三振、1四球、2失点の快投で完投勝利。ハーラートップとなる8勝目を手にし、自身のNPB記録を更新する8戦連続2桁奪三振を記録した。
 
 敗れたDeNAは先発・三嶋が5回8失点と試合を作れず、打線も則本の前に2点を奪うにとどまり、連勝は3で止まった。
 
〇阪神3-2オリックス●(京セラドーム大阪)
 
 阪神が接戦を制し、カード勝ち越しを飾った。
 
 初回、メッセンジャーは二死から安達に安打、ロメロに四球を与えピンチを招くと、小谷野に適時打を浴び1点の先制点を献上した。
 
 しかし、今日は打線が小刻みに得点を重ね、メッセンジャーを援護した。2回、阪神は福留の四球・原口の安打で無死1・3塁のチャンスを作ると、鳥谷の併殺間に1点を返し同点に追いつく。そして、5回は鳥谷・中谷の連打で1点を勝ち越し、6回には糸井の四球・上本の犠打で一死2塁のチャンスを作ると、福留が適時打を放ちリードを2点に広げた。
 
 投げては、先発・メッセンジャーが6回途中2失点と試合を作り、その後は桑原・マテオ・ドリスと繋ぎ1点のリードを守り切った。
 
 敗れたオリックスは、先発・ディクソンが6回途中3失点と試合を作ったが、あと1点が遠く、交流戦初のカード負け越しとなった。