データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【7日のセ・パ交流戦結果その1】西武5連勝、広島・大瀬良4連勝、石川対決はSBに軍配

2017/06/07

text By

タグ: , , , , , , ,



〇西武3-0巨人●(メットライフドーム)
 
 投打のかみ合った西武が5連勝を飾った。
 
 西武先発・岡本洋、巨人先発・吉川光で試合はスタート。3回までは両先発は要所を締め無失点に抑えていたが、4回に試合が動いた。
 
 4回、西武は一死から浅村が安打で出塁すると、メヒアに今季第8号となる本塁打が飛び出し2点を先制。そして、6回には中村の今季第13号となる本塁打でリードを3点に広げた。
 
 投げては、岡本洋が6回途中無失点と好投を見せると、以降は武隈・牧田・シュリッター・増田のリレーで巨人打線を完封。岡本は今季初登板で初勝利を手にした。
 
 敗れた巨人は投打に振るわず、球団ワースト記録更新の12連敗となった。
 
〇ソフトバンク4-1ヤクルト●(ヤフオクドーム)
 
 ソフトバンク先発・石川柊太、ヤクルト先発・石川雅規の”石川”対決は、ソフトバンクが制した。
 
 3回、ソフトバンクは甲斐・川崎の安打の連打でチャンスを作ると、柳田に本塁打が飛び出し3点を先制。そして、8回には柳田がこの日2本目となる13号ソロ本塁打を放ち、ダメ押しの4点目を加えた。
 
 投げては、石川柊太が毎回三振を奪い、6回を110球で12奪三振、1失点の好投。7回からは森・岩嵜・サファテと繋ぎリードを守り切った。奪三振ショーを見せた石川柊太はプロ2勝目を手にした。
 
 敗れたヤクルトは先発・石川が6回3失点と一発に泣き、打線も藤井のプロ初本塁打による1点のみで散発3安打と沈黙し、7連敗となってしまった。
 
〇広島8-3日本ハム●(札幌ドーム)
 
 広島が序盤に奪ったリードを守り切り、4連勝を飾った。
 
 広島先発・大瀬良、日本ハム先発・斎藤佑樹で試合はスタート。大瀬良は立ち上がりに四球絡みで1点を失ったが、その直後の2回から打線が斎藤を攻略した。
 
 2回、広島は無死から安部が三塁打を放ちチャンスを作ると、2戦連続のスタメン出場となったバティスタが今季第3号となる本塁打を放ち2点を先制。その後も広島は攻める手を緩めず、3回に鈴木の適時打で1点、4回には松山・バティスタの連打でチャンスを作ると、會澤・田中・丸の適時打、鈴木の犠飛でこの回4点を奪い、日本ハム先発・斎藤佑樹をKO。
 
 そして、5回にはバティスタにこの日2本目の本塁打が飛び出し、1点を追加し計8点を奪った。
 
 投げては、先発・大瀬良が7回3失点と試合を作り、今季無傷の4勝目を手にした。
 
 日本ハムは先発・斎藤佑樹が4回途中5失点と試合を作れず、2番手・エスコバーも4回3失点と追加点を許してしまう。そして、打線も5安打で3得点と振るわず、4連敗となってしまった。