データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【19日のパ・リーグ結果】Hバンデンハーク今季4勝目、F浦野復帰後3連勝、M根元サヨナラ打

2017/05/19

text By

タグ: , , , , , , ,



〇日本ハム7-2オリックス●(札幌ドーム)
 
 投打のかみ合った日本ハムが連敗を2で止め、4位・オリックスとのゲーム差を2とした。
 
 試合は、日本ハムが序盤に大量リードを奪い主導権を握った。
 
 初回、昇格したばかりの杉谷が安打で出塁すると、4番・中田が適時二塁打を放ち1点を先制した。2回には小谷野の失策と石井一の安打でチャンスを作ると、西川に適時打が飛び出し2点を追加した。そして、3回には大田がバックスクリーン右に今季第5号となる3点弾を放ち、6点のリードを奪った。
 
 投げては、先発・浦野が5回無失点と試合を作り、その後は6投手の継投でリードを守り切った。浦野は復帰後から3連勝で今季3勝目を手にした。また、6番手には16日に4回途中でKOされた昨季新人王・高梨が中2日で登板。1イニングを無失点に抑えた。
 
 敗れたオリックスは投打に振るわず、3連敗となった。
 
〇ソフトバンク2-1西武●(メットライフドーム)
 
 ソフトバンクが接戦を制し、3連勝を飾った。
 
 先制点を奪ったのはソフトバンクだった。2回、ソフトバンクは松田の第7号となるソロ本塁打で1点を先制した。しかし、その直後の2回裏に、西武はメヒアの四球を皮切りにチャンスを作ると、外崎に適時内野安打が飛び出し同点に追いつく。
 
 その後は両投手が得点を許さなかったが、7回に試合が動いた。
 
 7回表、先頭のデスパイネが二塁打で出塁しチャンスを作る。そして、二死3塁となったところで上林に適時二塁打が飛び出し、1点を勝ち越した。
 
 ソフトバンク先発・バンデンハークは7回1失点の力投を見せ、岩嵜・サファテと繋いでリードを守り切った。
 
 西武は先発・菊池が8回2失点と好投を見せたが、打線が援護出来ず連勝は「6」で止まった。
 
〇ロッテ4×-3楽天●(ZOZOマリンスタジアム)
 
 ロッテがサヨナラ勝利を収め、連敗を8で止め今季10勝目を手にした。
 
 先制点を奪ったのは楽天だった。2回、一死から岡島と藤田が連打で出塁しチャンスを作ると、足立の打球を三塁・ダフィーが失策し1点を先制した。
 
 しかし、3回にロッテが反撃に出る。3回、先頭の吉田が二塁打、三木が安打を放ち無死1・3塁のチャンスを作る。続く伊志嶺・鈴木は連続三振に倒れたが、伊志嶺の打席で楽天・釜田にボークが宣告され同点に追いつく。そして、根元が適時打を放ち、1点を勝ち越した。そして、6回には清田に適時二塁打が飛び出し、リードを2点に広げた。
 
 先発・涌井は8回まで2失点と力投していたが、9回に1点を失い、試合を振り出しに戻されてしまうも、勝ち越し点は許さず意地を見せた。
 
 そして、延長10回にドラマは待ち受けていた。10回裏、楽天5番手・森原から荻野が安打、鈴木が二塁打で出塁し一死2・3塁の絶好機を作ると、根元が8球目を右前に運び、サヨナラで試合を決めた。
 
 敗れた楽天は9回に同点に追いついたが、最後は森原が力尽き、連勝は3で止まった。

スポンサードリンク

shiro