データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーで見る3・4月度月間MVP。圧倒的守備力の巨人・坂本、4割打者の日ハム・近藤が選出【データで解く野球の真実】

5月9日、2017年3・4月度の日本生命月間MVPが発表され、パ・リーグからは投手で金子千尋、野手でT-岡田(いずれもオリックス)が、セ・リーグからは投手でランディ・メッセンジャー(阪神)、野手で大島洋平(中日)が選ばれた。この表彰は、NPBが表彰タイトルを設けている打率や本塁打、勝利数や防御率といった馴染みのある数字を下地に選手の貢献を計って行っているとみられるが、今回はそれとは別の角度から、同期間における優秀選手を選出してみたい。

2017/05/15

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



セイバー視点では、3・4月野手のMVPは近藤(日本ハム)、坂本(巨人)

 選出はセイバーメトリクスの総合指標として定着が進むWins Above Replacement(WAR)という数字を使って行っていく。WARとは「ある選手が、その出場機会を代替可能選手(ファームからいつでも調達できるレベルの選手)に譲った場合、チームに与える影響」を「○勝分」といったかたちで、貢献を勝利単位に換算し表した数字だ。換算は、ヒットやホームラン、奪三振、与四球……といった各種結果を集計し、セイバーメトリクスに基づく理論を用いて行われている。
 
 代替可能選手を上回る働きをより長い出場機会を通じて見せることができると数字は積み重ねられていく。代替可能選手と同程度の働きにとどまる、差をつくり出せない選手は、どれだけ出場を重ねてもWARはゼロのままで増えていかない。
 

 
 野手について3・4月間のWARを算出すると、パ・リーグのトップは104打席で2.1(勝分の貢献)を積み重ねた近藤健介(日本ハム)となった。その後に茂木栄五郎(楽天)が101打席で2.0、秋山翔吾(西武)が107打席で1.9と続いており、この期間では3人が少し抜けていた。
 
 T-岡田は、内川と僅差でパの6番目となる1.4を記録している。セ・リーグは、坂本勇人(巨人)が1.8でトップ。少し離れて鈴木誠也、丸佳浩(いずれも広島)、大島、上本博紀(阪神)が続く。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro