データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



パで低迷する2球団は雲泥の差。“二刀流・大谷の不在”に悩む日ハム、“青写真がない”ロッテ【小宮山悟の眼】

プロ野球が開幕して対戦が一回りした。セ・リーグは広島が一歩リードし、パ・リーグは、昨年Bクラスに沈んだチームが好調で順位が逆転している。昨季の日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズは4勝16敗で最下位。昨季3位の千葉ロッテマリーンズも6勝13敗と苦戦している。今回はこの両チームの低迷について取り上げたいと思う。

2017/04/25

text By

タグ: , , , , , ,



選手育成の青写真が見えない

 個人的な意見を言わせてもらえば、平沢はまだ1軍レベルではない。ファームでフルイニング出場を1年して、経験を積んでからの方がいいのではないか。もし、チームとして、目をつぶってでも育てたいというつもりで1軍に置いておくのなら理解できるが、それならば、ずっとスタメンで使い続けなければならない。
 
 勝利を優先するためには、平沢を起用し続けるのが危険だという判断でいまの起用になっていると思うが、どちらかにシフトをしないとどっちつかずの選手で終わってしまう危険性がある。
 
 私自身が球団の中にいるわけではないので詳しいことは分からないが、ロッテは選手一人ひとりに対して、どのような方向付けでどういうアプローチをして育てるかの青写真を描いていないといけない。
 
 MLBの名門のひとつニューヨーク・ヤンキースはチームにいるすべての選手に対して、ルーキーリーグからメジャーの監督コーチが全員集まってミーティングしている。どのように育てていくか共有されているのだ。1軍と2軍しかない日本でどれだけ、選手を育成していくためのミーティングをしているのか。
 
 日本ハムとロッテの低迷に違いがある一つの要素はそこにもある。日本ハムは若い選手が、ある一定の段階を経て1軍に上がってきている。どう育てていくのかの青写真があって、それが分かるチームなのだ。

1 2 3