データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月19日のセ・リーグ試合結果】G篠原初登板初勝利、De今永プロ初完封、T鳥谷サヨナラエラー

2017/04/19

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



〇巨人1-0ヤクルト●
 
 約3年ぶりとなった巨人主催の鹿児島での一戦は、巨人が投手戦を制した。
 
 巨人は、初回に中井が安打を放つも走塁死。しかし、続く立岡は相手失策、坂本も安打で続くと、ブキャナンのボークもあり一死2・3塁とのチャンスを作る。そして、4番・阿部の犠飛で1点を先制した。

 
 しかし、先発の高木勇はバントの際にボールを右手に直撃させてしまい2回で負傷交代。そして、育成から昇格したばかりの篠原が緊急登板。篠原は初登板ながら3回を被安打4、2奪三振、1四球、無失点の好投を見せた。
 
 その後は、池田・マシソン・森福・カミネロと繋ぎ完封リレー。打線は初回以降得点できなかったが、投手陣が初回の1点を守り切り巨人は4連勝を飾った。また、篠原はプロ初登板で嬉しい初勝利を手にした。
 
 ヤクルトは先発のブキャナンが7回1失点と好投したが、今日も打線が援護できず3連敗となった。
 
〇DeNA4-0広島●
 
 DeNAの今永が被安打1でプロ初完封勝利を上げた。DeNAは4回にロペスの2点適時打で2点を先制。その後も6回に田中浩の適時打、9回にも再びロペスが適時打を放ち、5安打で4点と先発・今永を援護。
 
 今永は9回を132球、被安打1、7奪三振、4四球、無失点でプロ入り初完封を上げ、昨季CSで6失点とKOされた広島に雪辱を果たす投球を見せた。
 
 広島は散発1安打と今永を攻略できず、今季初の完封負けとなった。また、2イニング連続となる一塁塁審の微妙な判定に激昂した広島・緒方監督は、7回に就任以来初となる退場処分を受けた。
 
〇中日4×-3阪神●
 
 中日は1番にルーキー・京田、3番に大島、4番に平田を置き、不振のビシエドを7番に降格させ、ゲレーロをスタメンから外すなど大幅に打順を変えて試合に臨んだ。
 
 中日先発・ジョーダンは5回2失点、阪神先発・秋山も6回2失点と、互角の戦いを繰り広げた。そして、8回には両軍が1点ずつ追加し、3-3と一進一退の攻防を繰り広げていたが、9回に決着がついた。
 
 9回裏、先頭の堂上は、阪神4番手・松田から二塁打で出塁しサヨナラのチャンスを作る。続くビシエドは敬遠気味の四球で歩かされるが、木下が犠打で繋ぎ一死2・3塁と絶好機を作った。
 
 阪神はここで、5番手に左腕の高橋を投入。高橋は亀澤を遊飛に打ち取り、続く京田も打ち取ったと思われたが、三塁・鳥谷が痛恨の失策。京田は気迫溢れるヘッドスライディングでセーフの判定となり、中日はその間に1点を加え、サヨナラで試合終了。今季4勝目を手にした。しかし、中日は白星こそ手にしたが、今日も序盤に大量得点とはならず、開幕から16試合連続で先発投手に勝ち星なしとなっている。
 
 この試合で鳥谷は連続試合出場記録を1767とし、金本監督をの記録を抜いて歴代単独2位に浮上したが、自らのミスで節目の日を白星で飾ることは出来なかった。

スポンサードリンク