データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





立岡の故郷・熊本に錦を飾る猛打賞、菅野完封で巨人快勝!同じく熊本出身の山中は好投報われず

2017/04/18

text By

タグ: , , , , , , , ,



18日、読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの一戦が熊本・藤崎台県営野球場で行われ、巨人が3-0で勝利を収めた。
 
 この試合の先発は巨人が菅野、ヤクルトは熊本県出身の山中となっており、山中は故郷での凱旋登板となった。また、同じく熊本県出身の巨人・立岡宗一郎選手も2番・中堅でスタメン入りした。
 
 試合は初回に動いた。2番・立岡がチーム初安打を放ち出塁すると、4番・阿部が適時打を放ち1点を先制。5回には9番・菅野、2番・立岡の安打でチャンスを作ると、4番・阿部が再び適時打を放ち、2点目を奪った。また、巨人打線は8回にも2番手・村中から満塁のチャンスを作ると、代打・長野が右犠飛を放ち3点目を追加した。
 
 先発出場の立岡は、試合前まで打率.200と苦しんでいたが、故郷での一戦で4打数3安打と大活躍を見せた。
 
 先発・菅野は9回を117球、被安打3、5奪三振、2四球、無失点で今季初完封を飾った。
 
 ヤクルトは、先発・山中が7回2失点と好投を見せるも、打線が菅野の前に沈黙。故郷の熊本で今季初勝利を狙った下手投げ右腕を援護することは出来なかった。また、今日の試合では4番・畠山が足を痛め負傷退場。明日以降に不安が残った。

スポンサードリンク