データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月16日のパ・リーグ試合結果】Lウルフ開幕3連勝、浅村5打点、楽天は劇的な逆転サヨナラ勝利

2017/04/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



〇西武10-2ロッテ●
 
 西武が打線爆発でロッテ投手陣を粉砕した。初回、秋山の四球と盗塁でチャンスを作り、浅村、中村の連続適時打で2点を先制。2回には浅村に2打席連続の適時打、3回には山川に今季1号となる2点本塁打が飛び出しロッテ先発・唐川をKOした。
 
 また、浅村は5回にも適時打を放ち1点を追加した。ロッテは8回に小石から2点を奪うも、9回に高野が満塁のピンチを作ると、松永が勢いを止められず4失点。西武は9回の4得点で大量8点のリードを奪い、試合を決めた。
 
 先発・ウルフは6回無失点の好投で開幕3連勝を飾った。チームも3カード連続勝ち越しと、波に乗っているようだ。
 
〇楽天4×-3日本ハム●
 
 楽天が9回二死という土壇場から同点に追いつき、延長戦でサヨナラ勝ちを決めた。
 
 4回、先発・岸がレアードに2点本塁打を浴びると、5回には大野にソロ本塁打を浴び3失点。岸を援護したい打線は、日本ハム先発・メンドーサからは5回に嶋の適時打、6回にはアマダーの適時打で2点を奪ったが、その後は谷元・宮西・石川直に無失点に抑えられた。
 
 しかし、9回に増井から藤田の安打と茂木への四球でチャンスを作ると、二死からウィーラーに今季初打点となる適時打が飛び出し同点に追いつく。そして、延長10回には鍵谷から島内が安打、岡島が四球を選びチャンスを作ると、代打・聖澤がサヨナラ二塁打を放ち試合終了。楽天は土壇場の逆転劇で同一カード3連勝を決めた。
 
 日本ハムは勝利まで残り一死と迫っていただけに、悔しい敗戦となり、同一カード3連敗を喫してしまった。
 
ソフトバンク-オリックス
 
 降雨によるコンディション不良のため試合中止。

スポンサードリンク