データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【4月15日のセ・リーグの試合結果】C岡田完投勝利、G石川移籍後初適時打、S小川好投

2017/04/15

text By

タグ: , , ,



○広島7-1阪神●
 広島は初回に相手のミスに付け込み、2安打で4点を獲得。3回にも阪神先発の青柳のエラーなどで2点を追加し、序盤で阪神を突き放した。一方、広島先発の岡田は2戦連続で好投を披露。5回には糸原にプロ初打点となる適時打を浴びたが、阪神打線をストライク先行の投球で全く寄せ付けずに、9回を無四球、4安打、9三振、1失点で完投勝利。阪神はミスが響き、5連勝とはならなかった。
 
○巨人6-2中日●
 巨人はマギーの適時打で先制をしたが、3回裏には2死から巨人先発の田口が安打と四球で満塁を招き、藤井に初球をセンター返しされ2点適時打を浴びる。しかし、田口は四球でピンチを再三作るも、粘りの投球で中日打線をなんとか2点に抑えた。一方、巨人打線も田口の投球に応えるように、6回には連打と石川の移籍後初となる適時打で3点を追加し逆転。田口に勝利投手の権利を与える。7回にも坂本、阿部の適時打で2点を追加し、連敗を5で止めた。田口は今季初勝利を飾る。
 
○ヤクルト7-2DeNA●
 ヤクルトは1番・二塁で先発の山田が先頭打者弾を放つ。2回には下位打線の谷内の適時打、さらに先発・小川にも2点適時打が出て、自らを援護する。小川は前2試合は好投するも敗戦投手となっていたが、この日は粘りの投球を披露。ヤクルト打線の十分な援護もあり、8回を投げ115球、6安打、5三振、3四球、1失点で、今季初白星。DeNAは倉本が創価大の同級生の小川から適時打を放つも、あと1本が出ない攻撃が続いて、勝ち越しはお預けとなった。

スポンサードリンク

shiro