データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日本ハム、連敗は6でストップ。新4番・レアードの決勝2点本塁打で接戦制す

2017/04/12

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 12日、北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦が札幌ドームで行われ、4-3で日本ハムが勝利を収め、連敗を6で止めた。
 
 この日もムードメーカーの杉谷が抹消されるなど、故障者続出で厳しい状況に陥っている日本ハムだったが、今日の試合で久しぶりの白星を手にした。
 
 日本ハム先発は加藤。初回、先頭の1番・今宮に二塁打を浴びピンチを招くと、3番・柳田の犠飛で試合開始早々に1点を失ってしまう。
 
 一方のソフトバンク先発・武田は初回から制球が不安定だった。1回裏、日本ハムは2番・中島、3番・近藤が連打を放ち、4番・レアードは死球で一死満塁とチャンスを作ると、5番・田中は押し出し四球を選び、試合を振り出しに戻した。
 
 同点に追いつかれたソフトバンクは3回、二死から2番・川島が二塁打で出塁すると、3番・柳田が勝ち越し適時打を放ち、1点のリードを奪った。
 
リードを奪われた日本ハムだったが、5回に先発・武田を攻略した。一死から1番・西川が二塁打で出塁すると、好調の3番・近藤が同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。そして、昨季本塁打王の新4番・レアードが値千金の勝ち越し2点本塁打を放ち、2点のリードを奪った。
 
日本ハム先発・加藤は6回を2失点にまとめ、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。
 
後続の2番手・宮西はピンチを背負うも味方の好プレーもあり無失点。3番手・石川直が3番・柳田に一発を浴び1点差に迫られたが、9回は守護神・増井が無失点で締めて試合終了。
 
 故障者が多発する緊急事態ながらも、好調の3番・近藤が繋ぎ、新4番・レアードの一撃で連敗を脱出した。
 
 ソフトバンクは、日本ハムを上回る11安打を放つも、好機を活かしきれず3点止まりとなってしまった

スポンサードリンク