データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、好調楽天を降し3連勝!楽天は先発則本が5回6失点と誤算

2017/04/12

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 12日、東北楽天ゴールデンイーグルス対埼玉西武ライオンズの一戦が、Koboパーク宮城で行われ、西武が5-10で勝利を収めた。
 
 勝率5割の西武が、7勝1敗と好調の楽天に一矢報い、3連勝で貯金を1とした。
 
 西武先発は多和田。多和田は初回、1番・茂木に四球を与え出塁を許すと、”恐怖の2番打者”ペゲーロに今季4号となる2点本塁打を浴び、開始早々に2点を失う。また、二死を奪った後、5番・銀次、6番・島内、7番・岡島に三連打を浴び、この回3失点。
 
 エース・則本が登板していることもあり、楽天が試合の主導権を握ったと思われた。
 
 楽天先発の則本は、前回登板でソフトバンクを相手に6回1失点に抑え、今季初勝利を掴んだが、今日の試合では毎回走者を背負う苦しい投球となった。

2回までは走者を出しながら無失点に抑えていたが、3回以降に西武打線に捕まった。3回、9番・木村に安打で出塁を許すと、1番・秋山に四球を与えピンチを作ると、3番・浅村に右前適時打、5番・栗山に中犠飛を放たれ2失点。
 
4回にも7番・渡辺の二塁打でピンチを作ると、9番・木村、3番・浅村の適時打で更に2点を失う。
5回も西武打線の勢いは止まらない。7番・渡辺の内野安打、9番・木村が四球で出塁すると、1番・秋山が2点適時二塁打を放ち、6点目。3回から3イニング連続で2得点を奪い、則本をKO。試合をひっくり返した。
 
 則本は5回を116球、被安打10、4奪三振、4与四球、6失点という内容でマウンドを降りた。
 
 また、西武は試合後半で4番・中村が6回にソロ本塁打、9回に二打席連続となる3点本塁打を放ちダメ押し点を奪った。
 
 投げても救援陣が好投を見せた。西武は4回無死で80球に達し、ピンチを作った多和田を諦め、2番手に大石を投入。大石は好調の2番・ペゲーロを併殺打に打ち取りピンチを抑えるなど、2回を無失点に抑える好投。その後も武隈、牧田、シュリッターと繋ぎ楽天打線の反撃を封じた。
 
 9回に登板した小石は4番・アマダーに2点本塁打を浴びてしまったが、味方の大量援護もあり、3奪三振で3死を奪い、試合を締めた。
 
 この試合で西武は3連勝。一方の楽天は、エースの乱調で連勝は3で止まった。

スポンサードリンク

shiro