データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





オリックス、大量11得点で2014年以来の6連勝!ロッテは石川KOで3連敗

2017/04/11

text By

タグ: , , , , , , , ,



 11日、オリックス・バファローズ対千葉ロッテマリーンズの一戦が京セラドーム大阪で行われ、オリックスが11-1で勝利し、6連勝を飾った。
 
オリックス先発はディクソン、ロッテ先発は石川で始まった試合は、序盤にオリックスが大量得点で試合の主導権を握った。
 
 初回、オリックス打線は2番・駿太から3番・安達、4番・ロメロ、5番・小谷野の4連打で2点を先制。
 
3回にも3番・安達が相手失策、5番・小谷野は四球出塁しチャンスを作ると、6番・T-岡田から7番・中島、8番・大城、9番・若月の4連打で3点を追加した。
 
石川は3回5失点で降板となり、先発投手の役割を果たすことが出来なかった。
 
 オリックスは4回にも2番手・東條から2四球でチャンスを作り、7番・中島、8番・大城の適時打で3点を追加し8点のリードを奪った。また、8回には5番・小谷野、6番・T-岡田がダメ押し点を奪う適時打を放ち、10点差とした。
 
投げても、先発・ディクソンが8回106球、被安打6、3奪三振、2四球、1失点の快投。9回は2番手・海田が三人で抑え試合を締めた。オリックスは投打がかみ合い、2014年以来の6連勝を決めた。
 
 一方のロッテは投打に振るわず3連敗。今日29歳の誕生日を迎えた先発・石川にとっては、悔しい1日となってしまった。

スポンサードリンク