データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中日対広島は今季初の引き分けに。田島のセーブ失敗響き、中日は12球団で唯一白星なしに

2017/04/05

text By

タグ: , , , , , , , ,



 5日、広島東洋カープ対中日ドラゴンズの一戦がナゴヤドームで行われ、延長12回3-3の引き分けに終わった。
 
中日は9回にあと2アウトで今季初勝利というところまで迫ったが、またしても9回に失点を喫し、白星を得ることが出来なかった。
 
 今日の中日先発は広島キラーの八木。初回は三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せたが、2回にエルドレッドに2点本塁打を浴び、逆転を許してしまう。そして、4回には先頭の4番・新井が放った打球が右足のスネを直撃。ベンチで治療を受けるも、無念の降板となってしまった。
 
その後、緊急登板の2番手・又吉が4回1/3を無失点、3番手の岡田も0回2/3を無失点に抑える好投を見せた。
 
 打線も5回に平田の適時打で同点、7回にもゲレーロの犠飛で1点の勝ち越しを奪うなど、あとは9回を抑えれば勝利というところまで近づいていた。
 
 しかし、4番手の田島が再び白星を潰してしまった。2番・菊池を中飛に打ち取ったまでは良かったが、その後連続四球で自らピンチを作ると、5番・鈴木の安打で本塁に突入した丸が、藤井の好返球もあり一度はアウト宣告されるも、ビデオ判定の結果セーフになり、同点に追いつかれてしまった。
 
田島は1日の巨人戦でも阿部に逆転3点本塁打を浴びており、2試合連続のセーブ失敗となった。
 
 延長戦では、中日は毎回走者を出すも無得点、広島も12回に一死1・3塁と絶好のチャンスを作るも、8番・會澤は遊ゴロ併殺打に倒れるなど得点を奪えず、両者決め手を欠き引き分けとなった。
 
 また、今日の試合では広島のルーキー・床田寛樹投手が初登板初先発となった。
6回1/3を被安打9、6奪三振、1四球、3失点と試合を作ったが、新人最速勝利とはならなかった。

スポンサードリンク

shiro