データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





オリックスが今季初勝利!ロメロが決勝点となる来日初本塁打を記録

2017/04/04

text By

タグ: , , , , , ,



 4日、オリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズの一戦がメットライフドームで行われ、オリックスが3-7で今季初白星を手にした。
 
オリックスの先発はディクソンだったが、初回にいきなり3者連続出塁を許し満塁のピンチを招き2失点。連敗中のチームに嫌なムードが流れたが、今日の試合はオリックス打線が意地を見せる。
 
2点ビハインドの3回、駿太の二塁打を皮切りにチャンスを作ると、西野の適時打と小谷野の遊ゴロの間に2点を追加し同点に追いつく。
 
5回にも安達、西野の連打でチャンスを作ると、好調の3番小谷野が勝ち越し適時打を放つ。すると、続く4番ロメロが右中間スタンドに値千金の来日初本塁打を叩き込み、一挙4点のリードを奪った。
 
 西武先発多和田は本塁打を浴びたところでKO。4回を被安打9、6失点と期待に応えることが出来なかった。
 
 一方のディクソンは、5回に浅村の本塁打で3失点目を喫するも、味方の大量援護もあり、5回を投げ切り勝利投手の権利を得たところで降板。その後は4投手の継投リレーで西武の反撃をかわしきった。

スポンサードリンク