データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池の快投支えた“守って走る“辻イズム。開幕戦勝利で見えた新生・西武のカラー

埼玉西武ライオンズは3月31日に、札幌ドームで開幕を迎えた。昨季日本一の北海道日本ハムファイターズ相手に、開幕のマウンドを任された菊池雄星投手は7回1失点と好投。野手陣は緊迫した場面でも完璧な連係プレーを見せ、失点することなく1-8で倒した。辻発彦新監督の下での1勝目は、今季の西武は一味違うことを証明する試合になった。

2017/04/01

text By

タグ: , , , , , ,



緊迫した場面で失点を防ぐ辻野球

 守備面でも緻密さをみせた。
 3回裏、2死一塁に西川遥輝を置いて、3番・大谷翔平を迎えた。菊池が足を上げた瞬間に西川はスタート。盗塁かと思えたが、打者の大谷がこれを強振、右翼フェンスに到達する痛烈な安打を打った。当然、一走の西川はベースを駆け回った。
 
 しかし、西武は右翼手の木村と二塁手の浅村で完璧な連携をみせて本塁に転送すると、西川の本塁生還を阻止した。炭谷は「キムがボールを捕ってから素早くアサに投げて、ノーミスの完璧なつなぎをしてくれた」と絶賛した。
 
 2-0でリードしている緊迫した場面で失点を防いだこと、相手の一塁走者の足を止めたこと。これは非常に意義のあることだった。
 
 野手総合コーチの橋上秀樹はいう。
 
「3回の場面は本当に誰のミスもなくできたので、最高でしたよね。ああいうところで1点を阻止するというのが辻監督の野球ですから。今日は守備・走塁が良かった」
 
 そうして試合の主導権を握ると、西武の持ち味はさらに発揮された。
 5回裏、市川友也にソロ本塁打を浴びるも、6回に反撃。まずは浅村・中村の連続長打で1点を追加。さらに、栗山の右翼前安打で好機を拡大すると、エルネスト・メヒアの三塁ゴロの間に1点、四球を挟んだ後、1死1、2塁から炭谷が右打ちをすると、相手守備陣が併殺を焦って二塁手の田中賢介が遊撃に悪送球。さらにブランドン・レアードのミスも重なって2点が入った。9番・源田壮亮が犠牲フライを放ち、この回4得点、相手先発の有原航平をノックアウトしたのである。
 
 随所に活躍した選手たちはいたが、ただ打つだけではなく、走者が足を使い、それを打者が感じて得点をもぎ取っていく。一方、守備面では防げる失点は防いでいく。

1 2 3