データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



WBC奮闘の侍ジャパン、超一流のプロによる「大人の高校野球」だった【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#47】

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は残念ながら準決勝敗退となった侍ジャパン。超一流のプロ野球選手が全力でプレーする姿に心打たれたはずだ。

2017/03/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



イノベーションに対応できなかった

 が、夢はいつか覚めるものだ。野球ファンの幸福な夢は突然終幕を迎えた、準決勝でアメリカにあっさり敗れたのだ。4タコの中田は「みんなが思っている以上にツーシームが動いていた。予想以上でした。正直、あそこまで動く球を日本で投げる投手はいない。さすがというとおかしいが、メジャーを代表する投手。素直にすごい」と先発ロアークの投球を称える。かつて「パワーの差」ばかりが語られた日米野球だが、今は技術の差に注目すべきなのかもしれない。ツーシームやヘビーシンカーといった変化球がブラッシュアップされ、それに対応し打撃スタイルが進化している。イノベーションだ。今回、「侍JAPAN」はそのイノベーションに対応しきれなかった。
 
 もうすぐ開幕するペナントレースへ向けて、WBCの経験が何をもたらすのか興味深い。巨人に戻った小林は本当に変身しているのか。出場選手に心身の疲れ(特にバーンアウト症候群)はないか。大リーグのスカウトに目をつけられたり、あるいは自発的に向こうでやってみたいと思った選手はいるか。
 
 またうちの場合、大野奨太の試合勘は取り戻せるか、大谷翔平は不出場の悔しさをどうエネルギーに変えるか、の2点が重要だ。チャンスがあったら、この2人がWBCをどう見つめたか是非ともインタビューしたい。
 
「侍JAPAN」おつかれ様でした。最高にしびれました。この熱気をプロ野球へつなげましょう!
 
凡戦敗戦にも一見の価値あり。平日デーゲームに野球観戦できる幸福感【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#48】
 

1 2 3


  • 記者募集