データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



山田のトリプルスリー、広島連覇の可能性は? 団子状態のセ・リーグ。小宮山悟氏が徹底解説

2017/03/24

text By

photo

Editors

タグ: , ,



セ・リーグ今季の順位予想は?

 
 1位予想は昨季優勝の広島。連覇のハードルは高いが、キャンプを見る限り、日本シリーズに敗退した悔しさがグラウンドに漂っていた。「セ・リーグのチャンピオンではあるけれど、日本のチャンピオンではない」。そういう気概が溢れていた。チーム全体に浸透する泥臭さ。これがカープの魅力。
 
 唯一の不安材料は引退した黒田博樹の穴。今まで重しになっていた存在がいなくなり、投手陣全体が軽くなる懸念がある。打線の不振で敗れたとき、投手陣から野手への不満が噴出する可能性も否定できない。打線はベテランの新井が健在でまとめているが、それと比べると投手陣は安定感に欠ける印象もあり、ここだけが心配。
 
 カープに続くのは巨人。だが、陽や山口など期待の新戦力に負傷者が続出している。また、昨季ベストナインの村田が三塁手にいるにもかかわらずマギーを補強するなど、補強もややチグハグな印象。投打とも戦力そのものは充実しているだけに、高橋監督の采配を含めて、結果を出さないといけないシーズンであることに間違いない。
 
 昨季、金本新監督が就任した阪神に期待されたのは「新しいチームへの変身」。それにもかかわらず、シーズン序盤に黒星が積み重なると、ネガティブな報道が先行してチームの歯車が徐々に噛み合わなくなった。この苦い経験から、金本監督も勝利の重要性をより強く認識しただろうし、元より投手陣は充実しているので、今季は序盤から飛ばしていくだろう。
 
 DeNAが昨季、躍進した大きな要因はルーキー捕手・戸柱の抜擢。彼がその期待に応えて、ラミレス監督が外国人ということもあって、投手陣に無理をさせない。そのあたりのバッテリーや采配を含めたディフェンス力は今季も健在。打の中心である筒香は、今季も相当やってくれる。日本の歴代の左打者の中でも屈指の存在で、三冠王も十分に狙える。
 
 東京ヤクルトは、ギルメットをはじめリリーフ候補の新外国人選手がうまく機能すれば面白い。もともと打線に力はあるし、上位争いできる可能性は決して低くはない。ただし、新戦力に過度な期待をするのは禁物。その点は大きな不安材料。
 
 中日は昨季がボトム(底)、これより下がることはない。森新監督の実績は皆さんも知るところで、予想順位こそ6位としたが、上位球団に負傷者が続出するなどの事態が起これば、優勝もないわけではない。
 
 今季も熱戦必至のセ・リーグ。スポナビライブなら従来よりも安く、しかも5月末まで無料。見逃すな!
 








 
 

1 2 3



  • 記者募集