データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



山田のトリプルスリー、広島連覇の可能性は? 団子状態のセ・リーグ。小宮山悟氏が徹底解説

2017/03/24

text By

photo

Editors

タグ: , ,



今季のセ・リーグはどうなる? 今季も超混戦か

 
 今季は、本当に団子状態になる。Aクラスは上から広島、巨人、阪神と予想するが、仮にこの3チームの主力1~2名に負傷離脱者が出た場合、下位3チームとの順位がそのままひっくり返ることも十分にありえる。それほどの混戦だ。
 
 ただ、そうは言っても、昨季ペナントレースを制したカープは、今季も十分に力を発揮するだろう。要因は昨季ブレイクした鈴木誠也を筆頭に、若い選手たちの練習量。コーチ陣が現役時代に手を抜かなかった選手ばかりなので、それが今の若手に良い影響を与えて浸透している。
 
 持っている戦力から言えば、巨人はもっと勝たないといけない。12球団の中で、もっともファンの多いチームで、そろそろファンも我慢の限界かもしれない(笑)。同じく人気球団である阪神にも当然、同様のことが言える。この人気と注目度の高い2球団が持っている力を出せば、伝統の一戦も確実に盛り上がるのだが……。
 
 近年、パ・リーグに押され気味のセ・リーグだが、巨人、阪神の両巨頭が目立てば、リーグ自体の存在感も増してくるはず。ファンが熱狂するようなシーズンになってほしい。
 
 超混戦予想のセ。勝負のカギ握る序盤戦。スポナビライブなら5月末まで無料放送。
 




 

1 2 3



  • 記者募集