データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍J、エース・菅野を初戦で先発させない理由。キューバ戦は必勝を期したいが…【小宮山悟の眼】

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が6日、ついに開幕した。本番直前の試合では5戦中3戦黒星を喫し、さらに東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏捕手が辞退するなど、王座奪還を目標としている侍ジャパンの雲行きが怪しい。だが小宮山氏は、どんなことがあっても第1ラウンドは突破できると考えている。

2017/03/07

text By

タグ: , , , , , , , ,



2戦目が一番重要

 いよいよWBCの本番を迎える。
 
 これまでの強化試合などを見る限りでは2勝3敗とやや不安が残る。例えば、同じ相手と対戦した時、二度目の対戦では点を取れた。CPBL選抜との2戦目がまさにそうだ。しかし、それ以外の単発のゲームになると、思うように打線が機能していない。5日の試合では鈴木誠也の3ランが出たが、このチームはホームランを期待する戦いを目指しているのではないはずだ。
 
 守り勝つチームである以上、ミスがあってはいけない。しかし守備面でも課題が出ている。同じ5日のオリックス戦では藤浪がボールに手がつかない悪送球をしていた。彼は阪神キャンプのピッチャー守備練習の際に、悪送球をしている。守って勝つチームがミスをすればそれが命取りになる。本番ではあってはいけないことだ。
 
 そういう点では捕手・嶋の離脱はかなり大きいとみている。彼は侍ジャパンでは扇の要になるはずだったから、出場できないというのはかなり痛いだろう。修羅場というのを経験していることに加えて、キャッチャーというのは経験がものをいうポジションだ。日本の守備を締められたはずだ。嶋の存在は大きかった。
 
 キャンプの前に大谷翔平が離脱し、ここへきて思い描いていた形でのバッテリーの柱が抜けたということになる。侍Jはタフな試合を戦わざるを得ないのは間違いないだろう。
 
 では、予選ラウンドをどう戦っていくべきか。私は1次ラウンドの3戦の中では2戦目が一番重要だと位置づけている。なぜなら、1戦目は敗れても次があるが、2戦目は1戦目が敗戦だった場合は負けられない試合になり、勝っていた場合は、2次ラウンド進出を決める試合になるからだ。そこにエース格である菅野を先発に持っていくのが有力と言われているが、もっともな選択だ。

【次ページ】1Rは見極めの期間

スポンサードリンク

1 2
shiro