データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス山崎福が狙う「2ケタ勝利」。監督も主砲も待ちわびる3年目左腕の開花【2017年ブレイク期待の選手】

松葉貴大、山田修義とともにオリックスの貴重な先発左腕として期待されている、大卒プロ3年目の山崎福也。昨季はチーム事情もあり、先発と中継ぎを行き来した1年だった。今年は先発として2ケタ勝利を目指す。

2017/02/05

text By

photo

どら増田

タグ: , , ,



3年目の目標は「ふた桁勝利」

「今年(2016年)は先発と中継ぎをやりましたけど、来年は、やっぱり先発一本でやりたい。その為にはローテーションに入って、2ケタ勝ちたいですね」
 
 秋季キャンプでは「全ての球種の質の良さと力強さ、バッターのインコースを突くこと」を念頭に置いて投げ込んだという。そして来季の目標を聞くと、充実した表情を浮かべながら「2ケタ勝利」を目標に掲げた。
 
「勝っても3~5勝くらいかな」と思っていた1年目、「(1年目の)倍は勝ちたい」と言っていた2年目と、これまでは素直で優しい性格からか控えめかつ、現実的な目標を掲げていた山崎福だが、実は物凄い負けず嫌いな性格の持ち主。
 
 3年目に「2ケタ」にまでハードルを上げたのは、昨季のピッチング内容に自信を持ったのはもちろん、大学時代のライバルだった日本ハムの有原航平ら、同世代の選手の活躍に刺激を受けたということだろう。
 
「今年期待している選手は山崎福也ですね。あまり頭はいい方じゃないけど(笑)自分がコレと思ったらやり続けるセンスがある。何かを思ってくれたら、期待したいですね」
 
 このように語ったのは、今月行われた球団のキャッチフレーズ発表イベントのトークショーで、今年から選手会長に就任したT-岡田だ。これには会場に集まったファンからどよめきが起こった。
 
 選手会長からも期待をされている山崎福だが、このオフは年末年始に帰省しただけで、1日駅長からトークショー、ファンクラブイベントなど、様々なイベントに引っ張りだこだった。シーズン中も球団が行うファンイベントには積極的に参加している。
 
「ファンの方にはいつも感謝しています。僕もすごく充実していました」
 
 山崎福はオフにファンと触れ合った日々を「充実していた」という。ファンからもらったパワーを還元する意味でも、今季は大きな目標を達成するしかない。その先にはさらなる喜びが待っているはずだ。
 
 山崎福が持っている負けず嫌いな性格が、もっとピッチングに反映され開花すれば、相手チームにとって嫌なピッチャーとして認識されるだろう。今季の飛躍に期待したい。

1 2