データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【里崎智也×ザック生馬特別対談】侍JAPANへの提言#3 日本は力で勝とうとしすぎている「韓国とも力勝負なら負ける」

WBCは4回目を迎え、対戦国との力は拮抗してきている。 事実、前回大会では大差をつけたオランダ代表とは11月の親善試合では2試合ともタイブレークにもつれている。また、アメリカはともかくとしても、各国がメジャーリーガーのメンバー入りが増えているのに対し、日本は前回0人だった。今回も、今のところ、アストロズの青木宣親のみで投手陣は不透明だ。 さらにいえば、侍JAPANは強豪国の一つとして知られているため、徹底マークされることも考えられる。他国と違い、親善試合や強化試合を重ねてきただけに、データもたくさん提供している。その中で戦っていくためには、かなりのハードルは上がっているとみていいはずだ。

2017/01/04

text By

タグ: , , , , , ,



安心して勝てる相手などない

――他国のレベルはどういう風に思いますか?個人的な意見としては、昔に比べて力が拮抗してきているように感じます。

里崎 WBCは国籍じゃなく、ルーツで出られるので、何ともいいようがないですよね。オランダが国としてレベルが上がっているのか、ルーツがある人たちが出場を多くしているのか微妙です。
 
ザック オランダはアルーバとかキュラソーとか、全部を含めてオランダと考えたらどうでしょうか。
 
里崎 レベルは上がってはきているんじゃないですか。ヨーロッパでもプロリーグもできているじゃないですか。
 
――以前のような余裕はないのではないか、と。

里崎 これは中国でもそうですけど、いい投手に当たったら、打てないんです。結局は、一人は簡単に打ち崩せない投手がいるので、こっちが一つでもミスすれば、0-1で負けますから安心はどこもないですよ。
 
ザック 強化試合を見た上と僕はアジアウインターリーグを取材したので印象をいうと、ヨーロッパ代表や台湾、韓国、また強化試合のメキシコ代表、オランダ代表に言えることは、ピッチングのレベルは落ちますよ。
 
――なるほど。

ザック 日本とアメリカ、ドミニカですよね、上位は。プエルトリコでも層が薄いほうになる。つまり、野球王国といわれるチームは、投手がいいんですよ、オランダに、145キロを投げる投手がいましたが、その後に投げる投手は140キロを出せるかどうか。楽天にいたファンミルは150キロを出せるけど、ストライクが入らない。日本の投手は150キロを出せて、ストライクが投げられて、球種が3つ4つある。プラスピッチみたいなレベルの高い投手がいます。日本とアメリカ、ドミニカ、そして、ベネズエラはレベルが違う。その後にプエルトリコがいて、オランダには投手がいない。
 
――理由があるんですかね。

ザック スティーブ・ヤンセンさんという投手コーチと話しました。60%~70%くらいが本番とメンバーが入れ替わると言っていたんですね。メジャーの選手たちが入れるからと。でも、今回のメンバーではショートにジュリクソン・プロファーが入っていましたけど、そのほかに3人のスタメンレベルのメジャーリーガーが入るかもしれない。ザンダー・ボガーツにアンドレルトン・シモンズ、ディディ・グレゴリアスです。遊撃手が4人いるけど、投手はいない。
 
――ショートだけが多い(笑)。

ザック オランダの少年たちは、アンドリュー・ジョーンズ(元楽天)を見て、憧れて育っている、と。シモンズもピッチャーだったけど、ホームランが打ちたいから野手になった。みんなアンドリュー・ジョーンズになりたいので、投手が育たない土壌なのだと。日本は逆で、一番いい選手は甲子園を目指すから、みんな投手になりますよね。一番いいアスリートは投手になる国です。アメリカは他のスポーツも多いけど、スポーツ人口が多いから、成り立っているわけですけど、一番、肩が強くて、一番いいアスリートはアメフトのクオータバックになっていると思う。ただアメリカの場合は人口が多い。ドミニカ共和国は国の人口に対してメジャーリーガーの率が1番高いわけですから、すごい逸材が育つわけですよね。オランダには投手がいないのはそういうわけなんです。
 
――ジャンセンは入りますか。

ザック ケンリー・ジャンセンにしたって、2009年のWBCではキャッチャーで出ているんですから。
 
――おかしい、おかしい、どんな国だよ。

里崎 (爆笑)
 
ザック そんな選手が今、ドジャースではクローザー。彼は2つの球種を磨けたわけじゃないですか。マリアーノ・リベラ(元ヤンキース)級のカットボールとストレートがあるから、それだけで生きているんだけど、普通に160キロを投げて、コントロールがいい。そんな彼ですらキャッチャーでしたから。ジャンセンを見て、投手になりたいという選手が育ってくれたらいいとヤンセンコーチは言っていましたね。
 
里崎 とはいえ、前回、ブラジルにも負けかけていますからね。井端さんと鳥谷のおかげで勝ったようなもんですから。そういうことは起こりかねない。

スポンサードリンク

1 2