データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西野、内らブルペン陣の不振、故障が急失速に。平沢ら若手台頭もデスパイネの穴が最大の懸念【2016年通信簿】

ペナントレースでは2年連続Aクラス。しかし北海道日本ハムファイターズ、福岡ソフトバンクホークスとの力の差は歴然だった。 CSファーストステージ敗戦後、千葉ロッテマリーンズ・伊東勤監督はこう振り返った。 「レギュラーシーズンの力の差がそのまま出たシリーズだった」と。 その言葉どおり完敗の1年だった。 今季の目標はCS進出枠の3位滑り込みではなく、あくまでリーグ優勝のはずだった。 開幕からエース涌井秀章の登板間隔を何度もずらして、福岡ソフトバンクとの直接対決にぶつけ、前年度王者に向かって行った。 エースの奮闘もあって開幕から選手、首脳陣も高いモチベーションを維持して戦うことに成功。 しかし、オールスター明けの後半戦から上位2チーム(北海道日本ハム、福岡ソフトバンク)とのゲーム差は日を追うごとに開いていくと、集中力を保つ点で難しい戦いを強いられた。年間を戦う戦力が十分でなかったのは結果として証明されただろう。

2016/12/30

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



チーム失策数をいかに減らせるか

守備 3点
「昨季までは数字や結果で見えないミスが多かった」と話していた鈴木大地。失策数が16とこれまでと比べ増加したが、それだけ打球判断が向上し、足も使えるようになり、打球付近により入り込めるようになった中で生まれた数字と捉えたい。

 遊撃手の守備率に関しては.978と、1位のソフトバンク・今宮健太(.982)、2位の日本ハム・中島卓也(.979)と比べても遜色ない。松山秀明1軍内野守備走塁コーチの評価も上々だけに着実に前進していると言えるだろう。

 ただし、チーム全体の失策数は上位2球団と比べて多いのが実情である。1、2点の勝負をモノにするのがロッテの目指す野球なら、来季はこの部分をさらに強化したい。

1 2 3 4 5