データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2年連続トリプルスリー、2000本安打、月間5度のサヨナラ勝ち……NPBで今季達成した主な記録

2016年もあと数日。今シーズン達成した主な記録を振り返りたい。

2016/12/28

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



岩瀬はNPB史上3人目の900試合登板達成

 今年も数々の好プレーが随所に見られたプロ野球。
 注目されていたFA選手の移籍先も決まり、各球団が来季に向けて動き出している。

 2016シーズンに達成・更新した主な記録を振り返ってみよう。
(名前の表記は今シーズンのもの。)

 まずは投手部門で達成された記録からだ。

900試合登板
 岩瀬仁紀(中日) 3人目

通算150勝
 石川雅規(ヤクルト) 48人目

通算100勝
 金子千尋(オリックス) 133人目
 岸孝之(西武) 134人目

150セーブ
 デニス・サファテ(ソフトバンク) 12人目

200ホールド
 宮西尚生(日本ハム) 2人目

2000投球回
 黒田博樹(広島) 88人目

1000奪三振
 新垣渚(ヤクルト) 144人目
 ランディ・メッセンジャー(阪神) 145人目

9年連続60試合以上登板
山口鉄也(巨人) NPB新記録

デビューから14連勝
 リック・バンデンハーク(ソフトバンク) NPB新記録

開幕から31試合連続無失点
 田島慎二(中日) 2リーグ制後NPB新記録、セ新記録
 
 中日ドラゴンズの岩瀬仁紀は、米田哲也(949試合)、金田正一(944試合)に次ぐNPB史上3人目の900試合登板を達成している。8月6日に横浜スタジアムで行われた、対横浜DeNAベイスターズ戦で8回に登板。しかし、被安打4、3失点と1つもアウトを取れずに降板となった。

 12人目となる通算150セーブをマークした福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ。同記録を達成した5月31日時点で18セーブをマークしていた。このペースでいけば、岩瀬、阪神タイガースの藤川球児が記録した1シーズン46セーブを更新するのではないかとの声もあったが、チームの大失速やケガで4位タイの43セーブに収めている。年々成績が上がり、来季NPB7年目となるサファテ。来季、シーズン新記録の樹立に期待したい。

 最優秀中継ぎ投手賞を初受賞した北海道日本ハムファイターズの宮西尚生は、5月14日に200ホールドを達成。同記録は読売ジャイアンツの山口鉄也に次ぐ2人目だ。ちなみに、中日の浅尾拓也は200ホールドに王手、山口鉄はあと30ホールドで史上初の通算300ホールド達成が期待されている。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro