データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





2017年ドラゴンズ復活のカギ握る、新旧ドラフト1位組とベテラン組【小田幸平の眼】

FA移籍も一段落し、各チームの来年の布陣が見えてきたプロ野球。2016年シーズン、最下位に沈んだ中日ドラゴンズは、ドラフトで明治大学のエース・柳裕也投手を指名、新外国人としてメジャーで通算11本塁打の大砲、アレックス・ゲレーロ選手を獲得した。ドラゴンズ期待の新戦力について、ドラゴンズOBで野球評論家の小田幸平氏に話を伺った。

2017/01/15

text By

タグ: , , , ,



ドラフト1位ルーキー、柳投手は新人王も狙える逸材

――今日はドラゴンズの新戦力と来年への展望についてお話を伺わせていただければと思います。

小田 新戦力については、ドラフト1位の柳(裕也)を推します! とにかく柳! 1年目から大車輪で頑張ってほしい選手です。

――おお、ファンとしても柳投手には開幕ローテ入り、2ケタ勝利などを期待しています!

小田 新人王も狙える逸材だと思います。ピッチングをまだ映像でしか見ていないので、今度キャンプでじっくり見るつもりですが、四球で崩れるピッチャーではないですね。

――2016年のドラゴンズ投手陣は四球で苦しみましたので、その部分も期待ですね。

小田 あと、彼は早くにお父さんを亡くされていて、お母さんがお一人の手で育てられてきたんですよね。ドラフトで指名されたときも、真っ先にお母さんについてコメントする優しい子なんです。

――12歳のときにお父さんを亡くされて、葬儀で「プロ野球選手になって家族を守ります」と誓ったんですよね……。あのドキュメンタリーは泣けました。

小田 宮崎出身ですが、高校から横浜に出てきて横浜高校で活躍しました。ハングリーさもありますし、ストイックさもあると思います。一味も二味も違う活躍を見せてくれると思いますよ。

――小田さんは柳投手の人間力を買っているわけですね。

小田 日本ハムの大谷(翔平)選手もすごい選手なのに、1年目からすごく低姿勢でインタビューの受け答えをしていました。柳選手を見ていると、その頃の大谷選手のことを思い出しますね。柳選手とは、キャンプのときに僕もちょっと会話してみたいと思います。

――ほかに投手陣で来年期待したい選手は誰でしょう?

小田 鈴木翔太投手は良いですね! 宮崎のフェニックスリーグで投げているところを見ましたが、今までと全然違います。思いっきり腕が振れるようになってきました。これまではいろいろな人のアドバイスを聞きすぎて、投球フォームがあっちに行ったりこっちに行ったりしていましたが、それがなくなって自分の形になってきたと思います。鈴木は来年、やると思いますよ。

――鈴木投手もドラフト1位組ですから、ぜひ台頭してきてもらいたいですね。

小田 あと、投手陣の来年の鍵を握るのがベテランだと思います。名前を挙げると、吉見(一起)、山井(大介)、浅尾(拓也)、そして岩瀬(仁紀)さん。やっぱりこれまで数字を残してきたベテランが底力を見せないと、ドラゴンズは苦しいと思います。
2016年のドラゴンズは、ベテランの力がなかったから弱かったとも言うことができます。吉見は頑張りましたが、それ以外の選手は力が出せませんでした。
僕が現役だった頃のドラゴンズが強かったのは、若手の選手とベテラン選手の力が上手く噛み合っていたからです。(山本)昌さんや川上憲伸さんが頑張っていたから、浅尾や吉見のような若い投手が育っていきました。
今のドラゴンズは世代交代が進んでいますが、見本にできるベテラン選手が近くにいないと若い選手は育たないんです。若い抑え投手がピンチで踏ん張らなければいけないとき、ブルペンに岩瀬さんがいれば、やっぱり心強いものなんですよ。

――たしかにそうですね。今年、広島カープが優勝できたのは、ベテランの黒田投手の成績以外の力が大きかったと思います。

小田 本当にそうですね。吉見が「自分が若いキャッチャーを育てる」と発言しているのですが、これはまさに「自分たちがやらなければいけない」という強い意思の現れだと思います。
実は昨日、岩瀬さんに会ったんですよ。来年に向けて、ものすごく気力が漲っていましたので期待したいですね。

スポンサードリンク

1 2