データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



糸井の穴を埋めるキーマン、アジアWリーグ5冠のオリ吉田正「まだベンチの信用がない」。秋季キャンプで芽生えた意識【どら増田のオリ熱コラム #88】

台湾で行われた「アジアウインターリーグ」が18日、全日程を終了した。最優秀打者に選ばれたNPBウエスタン選抜のオリックス吉田正尚は、全18試合に出場。打率.556(54-30)、6本塁打、29打点の大活躍。打率、本塁打、打点、安打、塁打でトップに立ち五冠王に輝いた。糸井嘉男が退団し、来季は“ポスト糸井”を巡る外野手争いの中、猛アピールに成功した。台湾に旅立つ前に参加した秋季キャンプで、吉田正の気持ちに芽生えるものがあったという。

2016/12/22

text By

photo

どら増田

タグ: , , , , , ,



ポスト糸井に向けて大きな収穫

「プロになったからには一流選手になりたいんですよ」

 現在の目標についてそう語る吉田正は志の高いプレイヤーと言えるだろう。
 
「一流選手というのは途中で代えられない選手だと僕は思っているんですね。今季の僕は試合の終盤になると守備固めとかで代えられてしまった。ベンチの信用がまだないんです。僕は最後まで出場できる選手になりたい。そのためには守備や走塁もできないといけないし、ウチには他にもいい選手がたくさんいますから、レギュラーはないと思ってます」

 吉田正は苦手だった守備や走塁を強化するために、秋季キャンプでは全力で練習に励んでいたというわけである。そのなかでのアジアウインターリーグでの大活躍。台湾まで視察に訪れた福良監督は「守備や走塁にも意欲的だったし(来季が)楽しみだね」というコメントを残したそうだ。出発前には「選んでいただいて嬉しいです。期待に応えないと」と話していた吉田正にとっては大きな収穫になったのではないだろうか。

 オリックスはチームの主軸だった糸井嘉男がFAで阪神に移籍。大きな看板を失ったが、ウインターリーグでの吉田正の活躍はチームに光を指したといえるだろう。

 糸井の穴は埋まった。来季は吉田正の一挙手一投足に期待大だ。

1 2