データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ、25年ぶりセリーグ制覇。黒田引退も投打に戦力充実、来季こそ33年ぶり日本一へ【2016年通信簿】

2016年セリーグを制したカープは投打ともに戦力充実。ベンチワークも冴え、まさに満点に近い1年だった。

2016/12/31

text By

タグ: , , ,



黒田に触発、野村の才能開花

投手4点
 黒田博樹の日本球界復帰2年目、もっとも大きな好影響を受けたのが、16勝をマークし最多勝に輝いた野村祐輔であろう。

「ストライクゾーンで勝負する姿は目からウロコ」と語ったこともあるように、黒田のスタイルから多大な影響を受けた。プレートの一塁側を踏むことで右打者へのシュートの効果が倍増。持ち前のアウトコースへの制球との相乗効果でシーズンを通しての活躍が可能となった。

 また5勝のジェイ・ジャクソンや黒田博樹らを軸とした先発陣はリーグ屈指の充実ぶりだった。今村猛の67試合のフル回転もあり、勝利の方程式も確固たるものとなった。先発の陣容が主力の故障などで苦しい時期も、戸田隆矢や中村恭平らがチームを救った。来季は、黒田が抜けるが、福井優也の存在が頼もしい。彼がフル回転すれば、投手陣に不安要素はない。

スポンサードリンク

1 2 3 4
shiro