データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープドラ1加藤拓也、個性あふれる剛腕投手――全力投球にこだわる理由

来季カープに、また一人個性的で魅力的なピッチャーがやってくる。今年、ドラフト1位指名を受けた加藤拓也(慶応大)だ。

2016/12/02

text By

タグ: , , , , , , , , ,



球場に見に来てもらえる選手に

 そのための準備は怠らない。体幹トレーニングのメニューは丁寧に時間をかけて行い、キャッチボールも一球一球を確認するように投げている。体のケアにも余念がない。

「怪我をしないことはとても大事だと思っています。故障をしてしまうとチャンスももらえませんから」
 加藤は、全力のマウンドを続けるための準備にも、全力なのである。

 慶応大1年から140キロ台後半の速球で注目を集めてきた。落差の大きいフォークで三振も奪えるピッチングは破壊力抜群である。この9月には、東京六大学野球で史上24人目のノーヒットノーランも達成した。

 25年ぶりリーグ優勝に沸く広島にやってきたのは、個性的な剛腕投手だった。ただ、この男には、豪快さと繊細さを併せ持つ強みがある。

「僕自身、プロ野球を見てきていろんなタイプのピッチャーがいるから面白いと思っていました。万人受けするかどうかはわかりませんが、僕を見に球場に来てもらえるような選手になりたいです」

 優勝パレードに祝賀行事、広島の興奮はまだまださめない。まもなく、この町に、個性あふれる剛腕投手がやってくる。先発かリリーフか、もちろんカープのチーム内競争を戦うことにはなるが、球春に強烈な印象を残してくれることは間違いなさそうである。

1 2