データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



元広島・中東、元ロッテの青松が捕手としての使い勝手をアピール。やや野手陣は迫力不足との評価も【BBC2016年トライアウト独自採点野手編】

プロ野球12球団合同トライアウトが12日に開催された。投手42人野手23人が参加。BBCでは恒例のトライアウト採点を公表。この中から夢を再びつかむ選手はいるのだろうか。

2016/11/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



代打要員を目指すタイプ

井手正太郎(DeNA)
 
採点B 結果 5打数1安打
評 結果は1安打のみも、代打のピースとしてやれるところを見せたといえる。守ることも出来るため、チームの非常事態には戦力となるはずである。

 

青松慶侑(ロッテ)
 
採点B 結果 5打数2安打1三振
評 捕手ができることをアピールしたのは大きい。代打要員兼第3の捕手としてベンチ入りさせれば、チームは捕手を2人登録するだけで済むからだ。ただ、打撃の面では持ち前の長打力の一端を見せることが出来なかったのがやや不満だ。

 

後藤光尊(楽天)
 
採点B 結果 4打数1安打1三振
評 守備でアグレッシブに動きまくり、年齢を感じさせなかった。左の代打要員として期待できるうえ、守備面でも貢献が見込めるので、獲得しても損失はそう多くはない。

 

角晃多(元ロッテ)
 
採点B 結果 4打数2安打2四球1三振
評 独立リーグからの復帰を目指す。打撃面に関しては能力の一端は見せたといえる。結果だけでなく、スイングも力強かった。左の代打として使える目処はたった。課題は守備でのアピールがなかった点だ。それだけに、もっと積極的に守備につきたかった。

 

大平成一(元日本ハム)
 
採点C 結果 6打数1安打3三振
評 しっかりとバットを振ることが出来ているなど、27歳になってもあきらめていない気持ちを感じることはできた。

 

長江翔太(巨人)
 
採点C 結果 4打数無安打2四球3三振
評 豪快なスイングに魅力はあったが、評価するにはあたらず。野手転向2年目だけにしかたない部分もあるが、上手く育成が行かなかった選手なのだろう。

 

渡辺貴洋(元巨人)
 
採点C 結果 6打数2安打1三振
評 2安打をマークするなどスイングは悪くなかったが、それ以外に魅了する部分がなく、違いを感じることはできなかった。

 

佐藤貴規(元ヤクルト)
 
採点C 結果 7打数1安打3三振
評 トライアウトは3年連続の出場となる。昨年は打でアピールしながらもNPBとの契約がなかった。再チャレンジも3三振と結果を残すことが出来なかった。グラウンド上でもほとんど目立たず、トライアウト終了後の方が目立っていた。

1 2 3 4 5